サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 好結果を期待したモンツァで1-2。順位入れ替えは「やる意味がなかった」/マクラーレン今井エンジニアインタビュー(1)

ここから本文です
 2021年F1第14戦イタリアGPは、スタートで首位に立ったマクラーレンのダニエル・リカルドが3年ぶりの勝利を挙げた。チームメイトのランド・ノリスが2位に入賞したことで、マクラーレンにとっては2012年以来の優勝をワン・ツーフィニッシュで飾ったことになる。ワン・ツーフィニッシュも、2010年以来のことだ。

 マクラーレンのダイレクターレースエンジニアリングを務める今井弘は、昨年もチームがモンツァで競争力を発揮したことから、今年も好結果を期待していたといい、その理由のひとつとして、コースの特徴とクルマの特性が合っている点を挙げた。

おすすめのニュース

サイトトップへ