サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 和製SUVの先駆者は今──三菱 パジェロ試乗記

ここから本文です

最近、1990年前後の“バブル期”を振り返るのが流行している感がある。そうしたなか、当時のクルマとして思い出されるのは三菱自動車の「パジェロ」である。

初代は1982年に登場し、2代目とともに一世を風靡した。いまは4代目。頑張ってきたが、ついに2019年4月、最終モデル「ファイナルエディション」が700台限定で発売となった。日本市場での販売は、このモデルをもって終了になる。

大切なのは見た目より中身──三菱デリカD:5公道試乗記

ファイナルエディションは、3200ccの巨大な直列4気筒DOHCディーゼルターボ・エンジンを搭載したモデルで、ベースグレードは「エクシード」だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ