サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、まだ2022年マシンをシミュレータでドライブせず「現時点では意味のないこと」

ここから本文です

ハミルトン、まだ2022年マシンをシミュレータでドライブせず「現時点では意味のないこと」

ハミルトン、まだ2022年マシンをシミュレータでドライブせず「現時点では意味のないこと」

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、現時点では来季のF1マシンを、たとえシミュレータと言えどドライブする意味はないと語る。

 2022年からはF1のテクニカルレギュレーションが大変更されることに伴い、マシンのコンセプトが一新されることになる。平たく言えば、現状はマシンの上に取り付けられているウイングなどで多くのダウンフォースを発生しているが、この要素を減らし、前を走るマシンが生み出す乱流の影響を受けにくくしようというわけだ。これにより、オーバーテイクが増えることが期待されている。

■メルセデスW12は“モンスター級”の気まぐれさ? 「セットアップがかなり難しい」とハミルトン

 多くのチームは、今季マシンの開発を早々に終了させ、来季用マシンの開発に作業の重なるところをシフト。すでにシミュレータで新マシンのドライブを経験したドライバーも少なくない。

 しかし今季のタイトル争い真っ只中にいるハミルトンは、現時点で来季用マシンをシミュレータで走らせることに意味はないと語る。

「僕は文字通り、今シーズンに集中しているだけだ。だから、シミュレータでマシンをドライブしていない。今年だけでも、十分に大変な仕事だったからね」

 そうハミルトンはカタールGPの際に語っていた。

「でも、僕は常にチームと連絡を取り合っている。サンパウロGPの後も、それ以前のレースの後もね。その時僕らは、今のマシンのポジション、そして来年のマシンに欲しいことを話している。そういうことに目を光らせているんだ」

「例えばエンジンについて抱えている問題なんかがそうだ。来年はそういうのは見たくないから、直して欲しいと言った。そういうことを常に話し合っている」

「そしてレースから離れている時には、全てのデータを称号した後の週末に、ショブリン(アンドリュー・ショブリン/トラックサイド・エンジニアリングディレクター)とミーティングを行なう。その後でボノ(ピーター・ボニントン/レースエンジニア)とミーティングして、それから来年のマシンに取り組んでいるチームとも話す」

 ハミルトンは、来季用マシンの開発進捗状況については逐一把握しているとしながらも、現時点で試す必要性は感じられないと語る。

「彼らと話すのは、彼らが今いる立ち位置を知るためだけだ」

 そうハミルトンは言う。

「前方のエアロと後方のエアロがどうなっているのか、車高はどんなモノになるのか、そしてどんな問題が起きることを予想し、どんな課題を抱えているのか……そしてそれがマシンをドライブした時にどんなモノになると予想しているのか、ということを知るためにね」

「でも現在風洞実験での進歩は、急激な学習曲線を描いている。だから、現時点でドライブする意味はないよ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します