サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ】好調過ぎたが故のクラッシュ……「ポールしか見えていなかった」と大湯都史樹|第3戦オートポリス予選

ここから本文です
 降り続く雨の影響により、4度も赤旗が掲示される波乱のセッションとなったスーパーフォーミュラ第3戦オートポリスの予選。その4回目の赤旗の原因を作ってしまったのが、TCS NAKAJIMA RACINGの大湯都史樹であった。

 大湯は同日午前にこれまたウエットコンディションの下で行なわれたフリー走行でトップタイムを記録。ウエットコンディションのオートポリスは自身が最も得意とするところであったため、相当な自信を持って予選に臨んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン