サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トヨタ、僅差で最前列独占「余計なアドレナリンが出てタイヤをロックさせてしまった」/WEC第3戦予選

ここから本文です
 7月17日(土)、イタリアのモンツァ・サーキットでWEC世界耐久選手権第3戦モンツァ6時間レースの予選が行なわれ、僅差の争いの中、トヨタGAZOO Racing(以下TGR)のGR010ハイブリッドはポールポジションと2番グリッドを獲得。2台が最前列に並んで決勝レースをスタートする。

 ホセ・マリア・ロペスがアタックを担当した7号車GR010ハイブリッドは1分35秒899のトップタイムをマークし、今季2度目となるポールポジションを獲得。世界選手権ポイント1点を追加した。

おすすめのニュース

サイトトップへ