サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表、トロロッソ降格後のガスリーを賞賛「素晴らしい仕事をしている」

ここから本文です

 2018年にF1フル参戦デビューを果たしたピエール・ガスリーは、その1年目をトロロッソで過ごした後、今季からレッドブルに昇格を果たした。しかしその環境に適応するのに苦労。チームメイトのマックス・フェルスタッペンが勝利を収める中、なかなか思うような成績を残せなかった。

 このパフォーマンスの結果、ガスリーは夏休み明けからトロロッソに降格。代わりにアレクサンダー・アルボンがレッドブルに昇格することになった。

■レッドブル・ホンダの直線スピードに、ベッテル&ハミルトン驚く

 そのアルボンはレッドブル昇格後に安定した走りを披露。結局2020年のレッドブルのレギュラードライバーとして継続して採用されることになった。