サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「聖域」大改革は成功だった!? トヨタ販売店統一から2年の現状と課題

ここから本文です

 2020年5月からスタートした、トヨタ販売店での全車種併売。チャネル名は残っているものの実質的な系列統合ともいえる改革が起こってから、丸2年が経過した。

 ユーザーには混乱を与えたが、購入できる車種が増えたことは、利点にもなっただろう。対して販売店にとって、この改革はどのように働いたのであろうか。変革後の販売店を取材して見えてきた事実から、併売化による長所と短所を考えていく。

「聖域」大改革は成功だった!? トヨタ販売店統一から2年の現状と課題

文:佐々木亘/写真:トヨタ

■競争激化?いや、得意車種が明確になっただけだ

 多くの販社が喜んだのは、ビジネスカーを全車種売れるようになったことだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン