サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー3位「問題発生も諦めず。大きなリスクを冒して表彰台をつかんだ」アルファタウリ・ホンダ/F1第6戦

ここから本文です

 2021年F1アゼルバイジャンGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは3位表彰台を獲得した。

 4番グリッドからスタートし、ソフトタイヤからハードタイヤ、ソフトタイヤに交換して51周のレースを走った。終盤の赤旗後スタート時には4番手に位置し、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が後退した後、シャルル・ルクレール(フェラーリ)とのバトルの後に3位をつかんだ。これはガスリーにとって、F1キャリア3回目の表彰台に当たる。

角田裕毅7位で2回目の入賞果たす「赤旗後に順位を落としたことが悔しいが、ポジティブなレースだった」F1第6戦

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=3位
 信じられないような週末だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン