サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 雰囲気抜群! ジムニーはクラシカルも良く似合う! 名門アウトクラスカーズのヴィンテージスタイル【東京オートサロン2020】

ここから本文です

雰囲気抜群! ジムニーはクラシカルも良く似合う! 名門アウトクラスカーズのヴィンテージスタイル【東京オートサロン2020】

クラシカルテイストを導入して
ジムニーをよりジムニーらしく仕立てる


スズキコンプリート 西ホール1 ブースNO.1

嘘でしょ!? ジムニーシエラで300馬力!!?? トラスト製ターボを投入したオフ系モンスター【東京オートサロン2020】


ジムニーのヴィンテージスタイルにいち早く着目したアウトクラスカーズは、現行モデルでもそのセンスを遺憾なく発揮している。「ジムニーをよりジムニーらしく」をコンセプトに仕立て上げたこのルックスは、ジムニー本来のどんな悪路でも走破できる頼もしさがみなぎる。

前後ともバンパーを小ぶりなタイプに変更。フロント側はウインチとライトをセットして、クラシカルな雰囲気だけでなく実用性も向上させている。さらにゴッツいタイヤが際立つリフトアップも施され、硬派っぷりもアピール。

Gクラス用の限定色でオールペンされたボディカラーは全体のテイストにぴったりとハマっている。しかもサイドのオレンジと赤のラインがこれまたいい味を醸し出す。

さり気なくセットされているヴィンテージグリルにヴィンテージエンブレムは、ジムニーオーナーならば、「ぜひとも付けてみたい」と思う人が多いハズ。それほど効果的なアイテムなのだ。

ちなみにリアブレーキはドラムからディスクに変更済み。もちろんサイドブレーキにも対応していて、現在、構造変更の準備中だ。

上がった車高に伴って、前後のラテラルロッドやスタビライザー、それにブレーキホースなども変更されている。ルックスだけでなく機能性も重視したリフトアップだ。

ホイールはデルタフォース・オーバルの6Jの16インチ。組み合わせるタイヤはトーヨー・オープンカントリーR/Tの235/70。オーバーフェンダーは純正プラス約9ミリ。

エクステリアの雰囲気にピッタリ合ったシートカバーを導入して、インテリアを盛り上げる。とてもカバーとは思えない高いクオリティが魅力的。

インテリアの効果的なアクセントとして威力を発揮しているドアポケットプロテクターは、ステンレス製で縞板をイメージしてデザインされている。

問:アウトクラスカーズ 088-669-5019
http://outclasscars.com

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_増田高志]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します