サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表、予算上限緩和を熱望「現状では、スタッフの減給や解雇は避けられない」

ここから本文です

 F1には昨シーズンから、チームの予算上限を設定するファイナンシャル・レギュレーションが導入された。ただ今季はインフレや輸送コスト高騰の影響で、多くのチームが予算上限額を満たすために苦労している。

 この予算上限を満たすために、チームスタッフを減給したり解雇するようなこととなれば、F1にとっての大惨事であるとレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は考えている。

■F1新冷戦。予算制限の上限緩和派と断固反対派……二極化するチーム間対立にF1はどう対応すべきか?

 2022年シーズンのチームの予算上限額は1億4000万ドルに制定されている。しかし今年は世界的にインフレに見舞われ、さらに輸送コストも高騰しているため、この予算額を圧迫。

おすすめのニュース

サイトトップへ