サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 北欧デザインのカッコイイやつ! ハスクバーナ「スヴァルトピレン」に250ccクラスもラインナップ!!

ここから本文です

北欧デザインのカッコイイやつ! ハスクバーナ「スヴァルトピレン」に250ccクラスもラインナップ!!

■車体構成やデザインをほぼ共通としながら排気量別に展開中

 ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは、2020年ストリートモデルの「VITPILEN/SVARTPILEN(ヴィットピレン/スヴァルトピレン)」シリーズに、250ccクラスの「SVARTPILEN 250」を追加し、2020年4月より発売を予定しています。

カワサキの新型「KLX230」は公道走行可能な250クラスのオフロードモデル! オンとオフどちらのロードでもいけちゃう!

「VITPILEN/SVARTPILEN」シリーズは、2018年に日本国内発売を開始したハスクバーナ・モーターサイクルズ(以下、ハスクバーナ)のストリートモデルです。

 大型バイクの「VITPILEN 701」、「SVARTPILEN 701」を筆頭に、「VITPILEN 401」、「SVARTPILEN 401」と400ccクラスも日本導入し、2020年より250ccクラスの「SVARTPILEN 250」が投入されます。

 ハスクバーナはスウェーデン発祥のバイクメーカーです。モトクロスやエンデューロ、ラリーなど、主にオフロードのレースシーンで活躍しており、スーパーモタードや「VITPILEN/SVARTPILEN」シリーズでストリートモデルも拡充してきました。

 車体における最大の特徴は、より軽量でパワフル、そして独特のデザインです。日本市場においてもその魅力が好評を博し、2019年の日本国内における販売台数は過去最高を記録しました。

 「VITPILEN」は「白い矢」、「SVARTPILEN」は「黒い矢」を意味し、それぞれデザイン、フレーム構造、エンジン形式(水冷単気筒、バルブ形式は異なる)などを共通としながら排気量別にラインナップを拡充しています。

 2020年よりモデルラインナップに追加される「SVARTPILEN 250」は、排気量248.8ccの水冷単気筒DOHC4バルブエンジンを搭載し、最高出力23kW(31PS)/9000rpm、最大トルク24Nm/7250rpmを発揮します。燃料を除く車体重量は約153kg、シート高は835mmです。

 コンパクトなシャシーデザインに前後17インチキャストアルミホイール、WP製サスペンション、Bosch製ABSシステムなどを標準装備し、ヘッドライトとテールライトにはLEDを採用しています。

「VITPILEN 701」、「VITPILEN 401」、「SVARTPILEN 701」、「SVARTPILEN 401」は、2020年モデルでグラフィック、トリム、カラーなどが一新されています。

■価格(消費税10%込み)「SVARTPILEN 250」59万9000円「VITPILEN 701」125万8000円「VITPILEN 401」68万円「SVARTPILEN 701」127万5000円 ※発売時期未定「SVARTPILEN 401」69万5000円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します