サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > プジョー 208と2008。「あくまで自然体」なエンジン搭載車か、「意外なほど闊達」な電気自動車か

ここから本文です
共通のプラットフォームを使って、ピュアなガソリンモデルとピュアなEVを同時に開発。ほぼ横並びのデザイン性、実用性、安全性を持つ2台を「選ぶポイント」はどこにあるのか。(Motor Magazine 2021年10月号より)

ユーティリティ性能にも配慮したバッテリー容量
欧州を中心に電動化の気運が高まる中、プジョーも人気の「208」と「2008」それぞれ、100%EVを設定した。「パワー・オブ・チョイス」を謳い、内燃エンジン(以下「ICE」)もEVも対等な存在であり、あくまで動力源の選択肢のひとつである旨をアピールしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ