サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【もうすぐ日本市場投入へ!!】日産キックスの実力はいかに

ここから本文です

【もうすぐ日本市場投入へ!!】日産キックスの実力はいかに

 日産ジュークが2019年いっぱいで生産終了となる。

 日産の公式サイトにはまだ正式な告知が出ていないが、 全国の日産ディーラーには通達が回っており、すでに在庫販売を終了した販売店もあるという。

【王者トヨタがついに参入表明!!】“先駆者”三菱 アウトランダーPHEVの魅力と課題は?


 また、欧州市場では2019年10月に新型(2代目)ジュークが発表発売されたが、この新型ジュークは日本市場では販売されず、「ジューク」という車名は日本市場からは姿を消すことになる。


 そのいっぽうで、日産関係者によると「(国内のラインナップから)ジュークと同クラスのSUVがなくなるということではない」とのこと。つまり、ジュークではない別の小型SUVが導入されるということになる。


 ここで出てきたのが、ブラジルやメキシコ等で生産・販売されている小型SUVキックスの日本市場投入の可能性だ。

文:吉川賢一、写真:日産

【画像ギャラリー】日本導入予定の日産キックス2020年モデルをみる

キックスは現行ジュークにほぼ近いコンパクトSUV

2016年5月に初公開されたキックス

 2016年5月2日、ブラジルのリオデジャネイロで初公開された新型クロスオーバーキックス(Kicks)。

 Vモーショングリル、ブーメラン型のヘッドランプとテールランプ、ウインドウがフロントからサイドにかけて巻き込んだバイザーのように見えるフローティングルーフなど、日産の最新デザインシグネチャーが採用された。

 クーペのようなルーフラインにも関わらず、後部座席ではクラストップの広さを実現するとともに、広い荷室空間を実現したクルマだ。

7インチのフルカラーディスプレイを中央に配置した。

 ダッシュボードにはモダンでシンプルなグライディングウィングデザインを採用し、スマートフォン連動型のインフォテインメント系システムを搭載した7インチのフルカラーディスプレイを中央に配置、アラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)を搭載した。

 当時この機能は、南米ではセグメント初の導入であった。同年8月にブラジルで販売を開始し、2016年度後半には他の南米市場でも発売され、将来的には世界80カ国以上に投入予定というのがキックスの素性だ。

 キックスのボディサイズは、全長4,295mm×全幅1,760mm×全高1,590mm、ホイールベース 2,610mm。

初代ジューク

 初代ジュークは、全長4,135mm×全幅1,765mm×全高1,565mm、ホイールベース 2,530mmのため、全長は150mm長く、全幅は5ミリ狭く、全高は25mm高く、ホイールベースは80mm長い。

 全体的に一回り大きくなったように感じるが、全幅がほぼ同じことから、このまま登場するならば、初代ジュークを受け入れた日本人ユーザーにも、受け入れてもらえるボディサイズだろう。

 ちなみに、9月に欧州で発表された2代目新型ジュークは、全長4,210mm×全幅1,800mm×全高1,595mm、ホイールベース 2636mmと日本で現在売られているジュークよりも全幅が大きくなっている。

キックスが国内導入されればヒットとなるか? 

 ボディサイズがあっていれば良いわけではない。重要なのがパワートレインだ。

 現行ジュークのパワートレインは、排気量1.5リットルガソリンエンジン+エクストロニックCVT、そして1.6リットルターボエンジン+エクストロニックCVTの組み合わせだ。

 キックスは排気量1.5リットルと1.6リットルのガソリンエンジン+エクストロニックCVTもしくはMTとなっている。

欧州で今年10月に発表された新型ジューク

 ちなみに欧州でのみ販売される新型ジュークのパワートレインは、1.0リッターガソリン直噴ターボ+DCTの組み合わせだ。

 国内市場で戦っていくには、最低限e-POWER搭載が求められるであろう。ただしそうなると、今度は現行型ジューク(1.6ガソリンエンジン)よりも10万~20万円近く価格が上がるのは必至だ。

e-POWER

 その販価で、他の国内メーカーSUVと勝負できる魅力が、キックスにあるだろうか。筆者は厳しいと考える。

 現行キックスは、エクステリアデザインが比較的おとなしく、エンジンも古臭く、ADAS(先進運転支援システム)の装備もイマイチ。大幅なブラッシュアップによる商品力向上をしなければ、ヒットは難しいであろう。

まとめ

 キックス国内導入に対し、期待している日本のユーザーは多いのだが、個人的には憤りを感じている。

 新型ジュークを欧州向けに大きく作って、国内にはありものを投入するということであり、経営層が日本市場を軽視しているのは明らかだ。

 日産の世界販売台数において日本市場の販売台数が占める割合は約10%。こう見ると、小さな日本市場で頑張るよりも、世界の市場で戦った方が利益を追求できるのはその通りだろう。

 だが、足元となるべき日本のユーザーとの心がここまで離れてしまったら、取り返しのつかない事態になる。

 今日産では、開発エンジニア達の日産離れが急激に進んでいるという。日産の経営層が、日本国内市場をないがしろにしてきたツケは、すでに日産の身に降りかかっている。

【画像ギャラリー】日本導入予定の日産キックス2020年モデルをみる

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します