サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エコ車増加でトンネルが変化? 昔はオレンジもいまは「白」 照明の色が変わる理由とは

ここから本文です

エコ車増加でトンネルが変化? 昔はオレンジもいまは「白」 照明の色が変わる理由とは

■トンネルの照明といえばオレンジ色だった

 ひと昔前は、トンネルの照明といえばオレンジ色が一般的でした。しかし、最近のトンネルに使用される照明は白色のものが多くなっています。なぜ白い照明が用いられるようになったのでしょうか。

カッコ悪かった「きのこミラー」なぜ減った? SUV・ミニバンの突起ミラーが消えた理由

 以前は、高速道路上の側道やトンネル内の照明の多くにオレンジ色が採用されていました。

 しかし、新しく建設されたトンネルやリフレッシュ工事後の側道照明には、白色の照明が増えています。
 
 元々、トンネル内の照明がオレンジ色だった理由について、トンネル用の照明を取り扱うパナソニック株式会社 ライフソリューションズ社の担当者は次のように話します。

「従来のトンネル用照明には、ナトリウムランプが使用されていました。ナトリウムランプは消費電力が少なかったのです。トンネルの照明は1日中点灯し続けなければならないため、消費電力は重要な要素です。そしてこのナトリウムランプが、オレンジ色に光る照明でした」

 ナトリウムランプは、街灯などに使用されていた水銀灯にくらべ、消費電力が半分から3分の1程度と経済的なだけでなく、ランプの寿命が長いという特徴があったことから、24時間点灯し続けなければならないトンネル内の照明に用いられていたようです。

 また、中日本地区の高速道路を管理するNEXCO中日本によればナトリウムランプは、排気ガスなどで空気が汚れたトンネル内部でも視認性が高く、経済性にも優れ、虫を引き寄せない特徴もあるといいます。

 そのため、1960年代から1999年頃まで、長期間にわたって高速道路のトンネルを照らす定番の照明でした。

 しかし、2000年代に入ると、トンネルを照らす照明の色が次第に変わっていきます。

 最初に登場した「蛍光ランプ」は、消費電力はナトリウムランプと同程度ですが、ランプの耐用年数(寿命)が30%ほど長く、色彩は青色なのが特徴です。

 ちなみに、東日本地区の高速道路を管理するNEXCO東日本は、次のように説明します。

「2000年頃には、排気ガスが1960年代から1970年代に比べて綺麗になり、橙色のナトリウムランプでなくても、不都合はあまり生じなくなりました。

 また、光がオレンジ色の場合、赤系統の車両が見にくくなる欠点もありましたが、蛍光ランプは自然光に近いので、どんな色の車両に対しても視認性が良くなりました。

 ただし、いまでもドライバーの視覚がトンネル内部の明るさに慣れない一部の出入口には、ナトリウムランプが使われています」

※ ※ ※

 最近では、蛍光ランプに代わり一般家庭でも普及しているLEDを採用していることが増えているといいます。前出のパナソニックの担当者は、次のように話します。

「ナトリウムランプや蛍光ランプより、さらに消費電力が少ない(白色の)LEDが世間的に普及したためだと思います。また、LEDは色の視認性が良いのも特徴です。

 ナトリウムランプのオレンジ色の光は色の視認性が悪く、物体の色が正確に見えません。LED照明であれば、自然光下に近い色で見ることができます」

 オレンジ色の照明下では、赤いものは黒く、青いものはグレーに見えるなど、物体の色がわかりにくくなります。

 NEXCO中日本は「トンネル内に設置されている消火栓は蛍光色の赤色で塗装することにより、オレンジ色の光のなかでも赤色に見えるように工夫しています」と、オレンジ色の照明下における工夫を説明しています。

 現在は物体の色が自然に見えるだけでなく、ナトリウムランプよりさらに消費電力が少なく、寿命の長いという理由から、LEDが採用されているようです。

■白色LEDは虫を寄せる?

 白色LEDについては周辺景観への影響や、虫を寄せ付けてしまう「誘虫性」を指摘する声もあります。

 LEDでは、いわゆる電球色の照明も可能ですが、今後トンネル内の照明に、オレンジ色のランプが採用されることはないのでしょうか。

 前出のパナソニック株式会社の担当者は、次のように話します。

「周辺景観への配慮などで採用される可能性はあります。誘虫性について、LEDは虫を寄せる光の波長はもともと少ないです。

 誘虫性のある光の波長をカットするカバーを取り付けることで、さらに該当する波長の光を減らすこともできます。これは家庭用の照明にも使われている方法です。色の視認性に劣るオレンジ色の照明を、あえて採用する理由は無いと思います」

 虫を誘う光の波長は、近紫外線から紫外線の領域といわれています。そのため白色LEDの照明に、近紫外線から紫外線の波長をカットするカバーを取り付けても、人間の目には自然な光に見えますが、光に誘われる虫には見えなくなります。

 オレンジ色の照明も誘虫性は低いとされていますが、色の見え方に影響が少ない白色LEDでも誘虫性に対処できることもあり、今後は白色の照明に置き換わっていくのではないでしょうか。

 なお、人間に嫌われる蚊やゴキブリは光に誘われない虫のため、照明に近紫外線から紫外線の波長カットするカバーを取り付けても効果はありません。

※ ※ ※

 なお、トンネルの照明は、そのトンネルによって設置パターンが異なります。左右の照明を向かい合わせに配置する「向かいあわせ配列」や、交互に配置する「千鳥配列」が一般的なようですが、照明が片側にだけに設置されているトンネルもあるようです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します