現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フィアット、生産終了を迎えた“ツインエア”と6速MTの限定車『パンダ・クロス4×4』を導入

ここから本文です

フィアット、生産終了を迎えた“ツインエア”と6速MTの限定車『パンダ・クロス4×4』を導入

掲載 1
フィアット、生産終了を迎えた“ツインエア”と6速MTの限定車『パンダ・クロス4×4』を導入

 その“無骨かわいいルックス”と実直な性能で支持を集めてきたイタリアが誇る実用車『Fiat Panda(フィアット・パンダ)』に、おなじみ“TwinAir”エンジンと6速MTを組み合わせた、パワフルな4輪駆動となる限定車『Panda Cross 4×4(パンダ・クロス・フォーバイフォー)』が登場。2023年年10月末をもって生産終了となったTwinAirを搭載する最後のモデルとして、12月9日(土)より販売が開始される。

 2011年の登場以来、この3代目でもロングセラーモデルに成長したフィアット・パンダは、独特の背高スタイルとコンパクトながら広々した室内空間を実現し、四角いなかでも丸みを帯びた“スクワークル(スクエア+サークル)”と呼ばれる遊び心あふれるデザインテイストを特徴とする。

フィアット、コンパクトSUVの『500X』にリーズナブルな新グレード“クラブ”を追加設定

 そんな高いデザイン性を持つ現行モデルのルックスを引き立てる、専用ボディカラーを採用したファン待望の限定車は、約2年周期で上陸する4輪駆動システム&マニュアルトランスミッション(MT)を組み合わせたモデルとなっている。

 エクステリア上の特徴は、専用の前後バンパーやブラックのフェンダーアーチとサイドモールディング、同じく専用のルーフレール、そしてサイズアップした15インチスチールホイール+175/65R15タイヤなどでタフな雰囲気を演出した点だ。

 歴代モデルが培ってきた4×4モデルの高い機動性はそのままに、日常のドライブを楽しむAUTOに、悪路でその実力を解き放つオフロード、そして急な下り坂でのブレーキ操作を自動で任せられるヒルディセントコントロールも備えたドライブモードセレクターの搭載により、あらゆる路面や気象状況に応じた力強い走りを実現する。

 一方のインテリアでは、限定車ならではのFIATロゴををあしらったモノグラムのオリジナルシートや、前席シートヒーター、プライバシーガラス、フルオートエアコン、リヤパーキングセンサー、オートライト、レインセンサーを装備し、快適性や機能面を向上させている。

 そんな「パンダの最終モデル」に積まれた直列2気筒8バルブのインタークーラー付き直噴ターボの名機TwinAirに、これもおなじみ6速MTを組み合わせた魅力的なパワートレインは、85PS/145Nmというアウトプット以上の快活な走りを見せ、WLTCモード燃費も16.3km/Lと優秀な省燃費性能を実現する。

 この限定車『パンダ・クロス4×4』の発売日に合わせ、12月9~10日の週末には全国のフィアットディーラーにおいて『FIAT Christmas FESTA(フィアット・クリスマス・フェスタ)』が開催され、同車の展示に加えウェブでの事前申し込みでFIATオリジナル卓上カレンダー、抽選でレストランひらまつの食事券がプレゼントされるキャンペーンも実施される。

 そのボディカラーにはフォレスタグリーンとマエストログレーの2色を設定し、各色100台限定での価格は316万円(税込)となっている。

公式サイト:https://www.fiat-auto.co.jp/panda/cross-4x4

こんな記事も読まれています

USスチール、日本製鉄による買収を承認 買収額は2兆1000億円
USスチール、日本製鉄による買収を承認 買収額は2兆1000億円
日刊自動車新聞
BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
AUTOCAR JAPAN
マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
motorsport.com 日本版
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
くるまのニュース
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
バイクのニュース
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
AUTOCAR JAPAN
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
AUTOSPORT web
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
Auto Messe Web
SUBARU BRZの「カップカー ベーシック」が仕様変更
SUBARU BRZの「カップカー ベーシック」が仕様変更
カー・アンド・ドライバー
ヤマハ発動機、フォーミュラEのパワートレイン供給先 独アプトに決定
ヤマハ発動機、フォーミュラEのパワートレイン供給先 独アプトに決定
日刊自動車新聞
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
レスポンス
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
ベストカーWeb
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
@DIME
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
くるまのニュース
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
バイクのニュース
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
レスポンス
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
ベストカーWeb
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村