サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 池沢早人師が愛したクルマたち『サーキットの狼II』とその後【第26回:元祖ハイパーカー 後編】

ここから本文です

新時代のスーパースポーツを予感させた4台のモンスターマシン/後編

漫画家、池沢早人師。日本における自動車漫画のパイオニアであり、著書『サーキットの狼』、『サーキットの狼II モデナの剣』は、自動車マニアのバイブルとして今なお愛され続けている。作中には主人公と共に世界各国のスーパーカーが登場し、個性的な存在感を武器にストーリーを紡いでいく。

池沢早人師が愛したクルマたち『サーキットの狼II』とその後【第26回:元祖ハイパーカー 後編】

作者の池沢先生は自らもスーパーカーを愛し、古希を迎える今もポルシェやマセラティを駆り精力的な活動を続けている。

おすすめのニュース

サイトトップへ