サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TDレース後会見:運営には疑問符も「王者相手にここまで踏みとどまってきた」と前向きな姿勢で最終戦へ

ここから本文です
 大波乱のレースとなった初開催の2021年F1第21戦サウジアラビアGP。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は2位に終わり、獲得ポイント数でついにルイス・ハミルトン(メルセデス)に並ばれた形で最終戦アブダビGPに臨むことになった。

 今回を含む直近3戦はすべてハミルトンの勝利という厳しい展開だが、ホンダF1田辺豊治テクニカルディレクターは「王者相手にここまで踏みとどまってきたことは、挑戦し続けてきたからこそ」とあくまで前向きだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ