サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「国産コンパクトスポーツ戦線に異状あり!?」ハイレスポンスNAでライバル勢に宣戦布告のフィットRS【東京オートサロン2020】

ここから本文です

JUNの技術力で磨き上げられたフィットRS!

L15Aエンジンを覚醒させるハイカムも用意!

「GT-Rもポルシェも置き去りにするR32スカイラインセダン!?」RB30改3.3Lの強心臓で最高速330キロ超えを記録!

かつてはチューニングベース車の主流として、ビギナーからエキスパートまで多くのユーザーに支持されていた2ボックススタイルのコンパクトスポーツ。近年このクラスはスズキスイフトスポーツの1人勝ち状態が続いていたが、今年の東京オートサロンではGRヤリスが登場して再び注目度が高まってきている。

そんな中「こっちも忘れるな!」とばかりに存在感を放っていたのが、JUNグループ(JUNマシンショップ/JUNオートメカニック/JUNボディワークス)が製作したホンダフィットRS。

おすすめのニュース

サイトトップへ