サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「第二世代GT-Rの不人気モデル『BCNR33』を再検証」オーテックツカダが手がけた33Rを筑波サーキットでチェック!

ここから本文です

「第二世代GT-Rの不人気モデル『BCNR33』を再検証」オーテックツカダが手がけた33Rを筑波サーキットでチェック!

優れたシャシー性能+エンジンはオールマイティなチューンド作りを可能とする!

木下みつひろ選手がBCNR33チューンドを筑波で徹底チェック!

「トヨタ2000GTをイジる!」オーナー好みにチューニングされた稀有なOER45φキャブ仕様

第二世代GT-Rの真ん中にあたるBCNR33は、エンジンこそ細部変更されているもののBNR32からのキャリーオーバー。しかし、シャシーは大幅に手が入れられているというモデルだ。ロングホイールベース化されたことにより「スポーツカーらしさが薄れた」と言われることも多いが、果たして本当にそうなのだろうか。近年、中古車市場では人気が上昇傾向にあるとも聞く。そんなBCNR33の実力を再検証してみた。

今回は老舗“オーテックツカダ”に協力を仰ぎ、チューンドBCNR33を筑波サーキットに持ち込んでみたが、このマシンはエンジン制御こそオーテックツカダ得意のF-CON Vプロによるエアフロレスとなっているものの、タービンはBNR34純正を使ったブーストアップ450ps仕様。決してフルチューンなどではなく、ツボを押さえた乗りやすさ重視のマシンメイクとしているのが特徴だ。

RB26エンジン本体は腰下ノーマルで、へッドにHKSステップ1カムを投入してポート修正を施した程度という最小限のチューニングに留めている。


パーツそのものの進化もあるが、最も進化しているのはセッティングに関するノウハウだという。それによって同じパーツ構成でもパワーやフィーリングに優れたクルマ作りができる、それが現在のチューニング技術なのだ。


足回りは、HKSハイパーマックスをベースとしたATTKD間瀬スペシャルI(F14kg/mm R12kg/mm)を装着。この足は非常に懐が深く、ストリートで不快なピッチングが出ることはなく、サーキット走行も減衰力変更のみで対応可能という逸品だ。ロール量は大きい方だが、arcの強化スタビライザーを組み合わせてロール剛性を調整している。

ブレーキ系はローター&パッドのみ交換。現在はブレーキパッドの性能もかなり向上しており、例えサーキットスペックだったとしても、ビッグキャリパー化せずに大径ローター+パッド交換で制動力の確保は十分可能だ。


オールマイティに使える仕様を目指して基本的に軽量化はなし。室内にはサイドバー付きのダッシュ貫通式ロールケージが装着されているが、これは剛性アップというよりスポーツ走行時の乗員保護を目的としている。

一方のエアロパーツは、ディフェンドレーシングのカナードにwurzのカーボンボンネット、ATTKDのGTウイング、アンダーフロントディフューザーというミックス仕様。ホイールはウェッズスポーツのSA-70で前後共10J通しだ。

インプレッションを担当した木下みつひろ選手は「ブーストアップとは思えないトルク特性だね。今日みたいなウェット路面だと、バランスの悪いクルマは乗りづらさが出てくるものなんだけど、この33Rはそういう気難しい部分が全くない。誤解している人がいるみたいだけど、BCNR33はBNR32に比べると格段に良く曲がるし、トラクション性能も高い。BNR34と比べても、劣っているのはボディ剛性くらいなものじゃない? それだって、チューニング次第では同じレベルに引き上げることができるんだから、大きな問題じゃない。チューニングベースとしてBCNR33の素質は本当に高いよ」と絶賛。


オーナーによると、このチューンドは新車で手に入れてから、数々の仕様変更を経て現在のスペックに行き着いたそうだ。快適装備はフル搭載、街乗りでも決して不便を感じることはなく、サーキットに自走で行って荷物を降ろすだけでコースインできる。どんなシチュエーションでも走りを楽しめることこそ、オーナーとオーテックツカダの目指す共通の目標なのだ。


SPECIFICATIONS

■エンジン:RB26DETT改/BNR34純正タービン/HKS 87φピストン、ステップ1カム、EVC、パワーフロー改、フロントパイプ、パイピング、オイルクーラー、F-CON Vプロ(エフロレス)/ATTKD美響マフラー、大容量ラジエター、ポート段付き修正/ATSカーボンクラッチ ■サスペンション:ATTKD間瀬スペシャルI(F14kg/mm R12kg/mm)、ブレーキパッド/arcスタビ/エンドレスブレーキローター ■エアロ:ATTKD GTウイング、アンダーFディフューザー/ディフェンドレーシング カナード/カーボンボンネット ■ホイール&タイヤ:Weds SA-70(10.0J)/アドバンネオバ(265/35-18)

●取材協力:オーテックツカダ 長野県長野市大豆島5862-1 TEL:026-221-3086

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します