サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 400 GTの後継車としてデビューした「イスレロ」(1968-1969)【ランボルギーニ ヒストリー】

ここから本文です

Lamborghini Islero

ランボルギーニ イスレロ

フェルッチオも絶賛した2+2 GT「ハラマ」(1970-1972)【ランボルギーニ ヒストリー】

400GTよりも居住性を高めたイスレロ

ランボルギーニが400 GTの生産を1968年に中止しなければならなかった背景のひとつには、当時ランボルギーニからボディの生産を請け負っていた、カロッツェリア・トゥーリングの解散が大きな理由としてあった。トゥーリングの技術力を高く評価していたフェルッチオ・ランボルギーニは、400 GTの後継車ももちろんトゥーリングにボディ製作を依頼する意思を固めていたというが、残念ながらその計画は実を結ぶことはなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン