サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パジェロが海外ではサムライ?輸出されると車名が変わってしまう理由とは

ここから本文です

商標権などの制約をクリアして命名

 いまや当たり前になったキラキラネームと呼ばれる子供の名前ひとつをとっても分かるように、本人や関係者たちが良かれと思って付けたネーミングも、立場や見方、そして場所が変われば意味不明だったり、とんでもなく変な意味を持っていたりすることもある。

「ダブワン」「マッハ」「ケーゼロ」 愛称で呼ばれた60年代生まれの大型国産バイクたち

 クルマの名前も例外ではない。メーカーが、自社のラインナップや歴史に照らし合わせ、あるいは開発コンセプトや目標とする性能やデザインをそのネーミングに込めて決定されているようになんとなくイメージしてしまうが、意外にもそうではない。

おすすめのニュース

サイトトップへ