現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ、豊田自動織機の不正で稼働停止の国内全工場 3月4日から生産再開

ここから本文です

トヨタ、豊田自動織機の不正で稼働停止の国内全工場 3月4日から生産再開

掲載 更新 日刊自動車新聞 3
トヨタ、豊田自動織機の不正で稼働停止の国内全工場 3月4日から生産再開
写真を全て見る(1枚)

豊田自動織機のエンジン認証不正問題について国土交通省が出荷停止指示を解除したことを受けて、トヨタ自動車は2月28日、稼働を停止している国内2工場2ラインを3月4日から稼働再開すると発表した。これにより、すべての国内工場で稼働を再開するとともに、生産を停止している一部の国内向け車両も出荷を再開する。

「ハイエース」や「アルファード」などを生産するトヨタ車体のいなべ工場(三重県いなべ市)第1ラインと、岐阜車体工業(岐阜県各務原市)第1ラインの稼働を再開する。アルファードは不正対象となるエンジンを搭載していないが、ライン停止の影響を受けて生産を停止していた。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

トヨタ、堤工場第1ラインを18日から稼働再開 後席ドア不具合のプリウスは当面生産停止を継続
トヨタ、堤工場第1ラインを18日から稼働再開 後席ドア不具合のプリウスは当面生産停止を継続
日刊自動車新聞
トヨタ、トヨタ車体の富士松工場 稼働停止を16日まで延長 ノアやアルファードなどを生産
トヨタ、トヨタ車体の富士松工場 稼働停止を16日まで延長 ノアやアルファードなどを生産
日刊自動車新聞
トヨタ車体の富士松工場、17日から稼働再開 生産工程確認が完了 ノア・ヴォクシー・アルファードなどを生産
トヨタ車体の富士松工場、17日から稼働再開 生産工程確認が完了 ノア・ヴォクシー・アルファードなどを生産
日刊自動車新聞
太平洋工業、北大垣工場の敷地内にバルブ製品の新工場を建設
太平洋工業、北大垣工場の敷地内にバルブ製品の新工場を建設
日刊自動車新聞
ホンダ、軽商用EV「N-VAN e:」 2024年秋に発売延期 サプライヤーの生産設備に遅れ
ホンダ、軽商用EV「N-VAN e:」 2024年秋に発売延期 サプライヤーの生産設備に遅れ
日刊自動車新聞
トヨタ、ランドクルーザー250を発売 2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンを設定 520万円から
トヨタ、ランドクルーザー250を発売 2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンを設定 520万円から
日刊自動車新聞
オートバックス、京都の近藤自動車工業を買収 整備需要の受け皿を広げる
オートバックス、京都の近藤自動車工業を買収 整備需要の受け皿を広げる
日刊自動車新聞
ダイハツ、国内の全完成車工場を再稼働へ 軽スポーツカー「コペン」と軽SUV「タフト」生産再開
ダイハツ、国内の全完成車工場を再稼働へ 軽スポーツカー「コペン」と軽SUV「タフト」生産再開
くるまのニュース
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
レスポンス
トヨタ、プリウスをリコール 後席ドアの電気式スイッチに不具合
トヨタ、プリウスをリコール 後席ドアの電気式スイッチに不具合
日刊自動車新聞
環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で
環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で
日刊自動車新聞
新明和工業、EVダンプを発売 ベースは「eキャンター」
新明和工業、EVダンプを発売 ベースは「eキャンター」
日刊自動車新聞
三菱ふそう、バス運転手の派遣を事業化 「2024年問題」にハードだけでなく人も
三菱ふそう、バス運転手の派遣を事業化 「2024年問題」にハードだけでなく人も
日刊自動車新聞
写真で見るニューモデル トヨタ「ランドクルーザー250」(日本仕様車)
写真で見るニューモデル トヨタ「ランドクルーザー250」(日本仕様車)
日刊自動車新聞
中国・広州汽車、全固体電池を2026年に実用化 アイオンの高性能EV「ハイパー」に搭載
中国・広州汽車、全固体電池を2026年に実用化 アイオンの高性能EV「ハイパー」に搭載
日刊自動車新聞
注目高まる自転車ビジネス、電動化や高性能化 自動車メーカーやサプライヤーが技術応用
注目高まる自転車ビジネス、電動化や高性能化 自動車メーカーやサプライヤーが技術応用
日刊自動車新聞
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
WEB CARTOP
トヨタ プリウス、13万台をリコール…走行中にドアが開くおそれ
トヨタ プリウス、13万台をリコール…走行中にドアが開くおそれ
レスポンス

みんなのコメント

3件
  • pik********
    不正してもこれならこれからも安心して不正できますね!
  • azu********
    昨年から、2年連続の型式指定取消しにより、現行生産のフォークリフト用エンジンは全機種、取消しである。 *排出ガス試験で、試験用エンジン制御ソフトを不正に書き換え、定められた試験装置とは【異なる制御方式の試験装置を使用】するなどして型式指定を取得した。 型式指定取消しの『1KD』は主力機種。 (カタログ記載の馬力、燃費についての差異は語らない)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.52299.0万円

中古車を検索
アルファードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.52299.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村