サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1】王者になった唯一のV12……アイルトン・セナ&マクラーレン・ホンダMP4/6の物語(後編)

ここから本文です

 多くのF1ファンは、V12エンジンに今も幻想を抱いている。しかし実は、V12エンジンを駆るドライバーがチャンピオンを獲得したのは、過去ひとりだけ。1991年にマクラーレンMP4/6・ホンダを走らせたアイルトン・セナだけだ。

  その1991年シーズン、フェラーリは開幕前のテストで不気味な速さを示していた。しかしいざシーズンが開幕すると、新車642のパフォーマンスは期待されたほどのものではなく、シーズン後半にはさらなるニューマシン643を投入するに至った。

■美しきF1マシン:「ハイテク車最初の完成形。”最強マシン”の代名詞」ウイリアムズFW14B

 マクラーレンにとって最大の敵はウイリアムズだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ