サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「2戦連続2位に非常に悔しい思い。速さとチーム総合力でメルセデスが上回っていた」/F1第4戦決勝

ここから本文です
 2021年F1スペインGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2位、セルジオ・ペレスは5位だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは10位、角田裕毅はトラブルによりリタイアした。ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車3台がポイントを獲得している。

 フェルスタッペンは2番グリッドからソフトタイヤでスタート。ターン1でルイス・ハミルトン(メルセデス)のインに飛び込み、リードを奪った。24周目にミディアムに交換、ハミルトンがピットインした29周目に、フェルスタッペンは再び首位に立った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン