サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > “原点”たるスバル360に続くのは? 62年目スバルの殿堂入りモデル20車を決める

ここから本文です

“原点”たるスバル360に続くのは? 62年目スバルの殿堂入りモデル20車を決める

 戦前~戦中にあった「中島飛行機」を源流に持つ富士重工業の自動車ブランドが「スバル」。その名を冠した最初のモデルが1954年に試作車として登場した「スバル1500」、そしてその名を知らしめることになるのが1958年登場の「スバル360」だ。

 以降、他の国産メーカーに比べて車種名の数は決して多くはないが、時代の節目にスバル車は現れ、歴史にその名を刻んできた。

100年の歴史はスポーツカーの系譜! コスモ サバンナ RX-7 ロードスター…「これぞマツダ!!!」の20台を選ぶ

 そのクルマたちの中から“殿堂入り”にふさわしき20車を選ぶならどういった顔ぶれとなるのか?

 まずは総合ランキングの1位~10位を、ついで、総合ランキングの元となった、松田秀士・片岡英明・国沢光宏・岡本幸一郎4人の評論家による総評と個別ランキングとを見ていこう。総合11位~20位については、その車名を含め画像ギャラリーを御覧いただきたい。

 先にネタばらしをしてしまうと、スバル360は今回全員が1位に挙げ、まさに満場一致での殿堂入りを果たした。以下、どんなクルマたちが選ばれたのか?

【画像ギャラリー】360はやはり原点にして絶対!!! ならば以下に続くクルマたちは? スバル“殿堂入り”20車をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです。4氏の選んだ10車をF1ポイント方式(1位25点、2位18点、3位15点、4位12点、5位10点、6位8点、7位6点、8位4点、9位2点、10位1点)で採点。同点、同順位車が出た場合は、編集部がそのなかでの順位を決定した。
選出・文:松田秀士、片岡英明、国沢光宏、岡本幸一郎、ベストカー編集部/写真:SUBARU、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年8月26日号

■第1位 スバル360(1958年)

●これ以外、スバルの殿堂1位は何がある?

第1位 スバル360(1958年)

 現在では社名にもなった「SUBARU」を富士重工業の自動車ブランドとして最初に名乗った市販車が「スバル360」。デビューは1958年のことだから、日本のモータリゼーションの初期の時代だ。航空機メーカーを前身とする技術陣が開発したモノコック構造は、小さいけれど4人乗りを実現。まさに“国民車”として「一家に一台」を実現する画期的なモデルだった。

■第2位 初代レガシィ(1989年)

第2位 初代レガシィ(1989年)

 1966年のスバル1000以来のシャシーを全面的に一新して開発。セダンよりもツーリングワゴンが人気となり、ワゴンブームの火付け役となった。

■第3位 スバル1000/ff-1(1966年)

第3位 スバル1000/ff-1(1966年

 スバル初の小型乗用車。977ccの水平対向4気筒エンジンを搭載するFF。1969年以降はマイチェンして「ff-1」シリーズとなり1970年に生産を終了。

■第4位 初代インプレッサWRX STi(1994年)

 1992年に登場したインプにSTiが追加されたのが1994年。以降毎年のように改良され、最終的には「バージョンVI」まで進化(写真はバージョンIII)

■第5位 4代目レガシィ(2003年)

第5位 4代目レガシィ(2003年)

 ベストバランスレガシィと言われる4代目。全幅を35mm拡幅し1735mmとして3ナンバー化。3L水平対向6気筒搭載車も設定された。

■第6位 2代目インプレッサWRX STI(2000年)

第6位 2代目インプレッサWRX STI(2000年)

 2000年、2代目となったインプWRXをベースにSTIがデビュー。初期はこの写真の丸目だったが2002年「涙目」、さらに2005年「鷹の目」にフェイスリフト。

■第7位 アルシオーネSVX(1991年)

第7位 アルシオーネSVX(1991年)

 ジウジアーロによる特徴的なデザイン。サイドウィンドウは途中から開く形状。フルタイム4WDのスタビリティ高い走りは高評価。

■第8位 初代アルシオーネ

第8位 初代アルシオーネ

 1985年登場。クサビ形のフォルムは前衛的で、インパクトバツグンだった。水平対向4気筒1.8Lターボは120ps/18.2kgmを発揮した。

■第9位 初代フォレスター(1997年)

第9位 初代フォレスター(1997年)

 初代インプレッサとプラットフォームを共用するSUV。比較的低い全高と、低重心プラットフォームによる操縦性はSUVらしからぬものだった。

■第10位 初代レオーネ(1971年)

第10位 初代レオーネ(1971年)

 1971年のデビュー当初はクーペのみ。ff-1の販売終了に併せてセダンやワゴンなどのバリエーションを増やしスバルの基幹モデルとなった。

【画像ギャラリー】360はやはり原点にして絶対!!! ならば以下に続くクルマたちは? スバル“殿堂入り”20車をギャラリーでチェック!!!

*   *   *

■1500 360 1000 航空機メーカーが注いだ「個性」の系譜(松田秀士が選ぶ10台)

 1位スバル360、2位スバル1000、6位スバル1500と、航空機メーカーという成り立ちゆえ、自動車作りへの個性がつぎ込まれた印象を強く受けるモデルだ。3位アルシオーネは2ドアクーペとしてのスタイリングが水平対向エンジンによる薄いフロントセクションを達成した印象的モデル。

 5位フォレスター初代はスバルSUVの原点。INDY24時間速度記録を樹立。7位ディアスワゴンは後輪駆動のRRでスーパーチャージャーまで採用していた個性派。極端なキャビンフォワードとRRによって広大なキャビンを実現。8位インプレッサは今日のWRXに繋がるシンメトリカルAWDの礎を築いたモデルだ。9位レガシィ初代は24時間速度記録を樹立するなど、4WDスバルのひとつの方向性を決めたモデルといえる。

1位…スバル360
2位…スバル1000
3位…初代アルシオーネ
4位…現行型WRX STI
5位…初代フォレスター
6位…スバル1500
7位…ディアスワゴン
8位…2代目インプレッサ
9位…初代レガシィ
10位…初代R-2

■スバル360は20世紀の傑作(片岡英明が選ぶ10台)

 モノコック構造の軽量設計で、4人が無理なく乗れるスバル360は20世紀の傑作。スバルのモノづくりの原点で、デザインも愛らしい。レガシィは今につながるスバルの最初の作品で、4WDターボのツーリングワゴンも一時代を画した。水平対向4気筒エンジンにFF方式のスバル1000も忘れえぬ1台だ。乗用4WDを身近にしたレオーネエステートバンも秀作。

 1990年代からWRCを席捲したインプレッサのWRXシリーズもスバリストを感動させた。グランドワゴンは、クロスオーバーSUVの先駆けとなった意欲作だ。アルシオーネSVXも独自の世界観を持つスポーツクーペである。ヴィヴィオは4気筒エンジンに4輪独立懸架の贅沢な軽自動車だ。走りのよさが光った。

1位…スバル360
2位…初代レガシィ
3位…スバル1000/ff-1
4位…初代レオーネ
5位…初代インプSTi
6位…レガシィグランドワゴン
7位…アルシオーネSVX
8位…ヴィヴィオ
9位…初代ジャスティ
10位…初代サンバー

■360は文句なしのレジェンド!!(国沢光宏が選ぶ10台)

 スバルといえば360なしに歴史を語ることなどできまい。どの基準を持ってしても素晴らしいレジェンドだと思う。60年前によくぞこんな凄いクルマを作ったもんだと感心しきり。いまだにたくさんの元気な個体が残っているのだから驚く。

 悩むのが360の次であります。現代のスバルを作り出したという点で初代レガシィでしょうね。もちろんそれ以降の3モデルも推奨したい。なぜか? 初代、2代目と3代目、4代目を並べることでスバルの進化の流れがよ~くわかるからだ。違う流れの頂点にあるが、WRCで圧倒的な強さを誇ったGDBを入れておきたい。ランエボVIと並びヨーロッパにおける日本車の存在感を決定づけた。私の推奨ワクとして最後のサンバーを入れたい。スバルの歴史に残る名車です。

1位…スバル360
2位…初代レガシィ
3位…2代目インプSTI
4位…4代目レガシィ
5位…初代インプSTi
6位…2代目レガシィ
7位…ff-1
8位…最終型サンバー
9位…アルシオーネSVX
10位…3代目レガシィ

■360 レガシィ WRX系の系譜(岡本幸一郎が選ぶ10台)

「1000」~「ff-1」も入れてよかった気もするが、レガシィが出る前のスバル車って、申し訳ないけど「360」以外あまり印象に残ってない。で、単純に考えるとWRX系とレガシィのみで埋め尽くされそうなところを厳選した結果がこんな感じ。

 レガシィは記録面でも偉業を成し遂げた初代もアリだが、サイズ的にもちょうどよかった最後のモデルでもあり、スバル車として初めてCOTYを受賞した4代目のほうが記憶に残りそうな気がしている。

 WRX系はどれも存在感があるなかで、やっぱり実力とインパクトの大きさでは初代にはかなわない。宿命のライバルであるランサーエボリューションとの対比も懐かしい。

 数は売れなかったけどSVXはアリ。かたやBRZはいまのところナシかなと……。

1位…スバル360
2位…4代目レガシィ
3位…初代インプWRX
4位…インプレッサ22B
5位…アルシオーネSVX
6位…初代レガシィ
7位…2代目インプWRX
8位…初代フォレスター
9位…2代目XV
10位…3代目WRX STI

*   *   *

■まとめ

 やはりというか、当然の結果として「満場一致」全員1位でスバル360が堂々の殿堂入りトップの座に就いた。歴代スバル車を語るうえで、360の存在はあまりにも偉大で、絶対にこのクルマなくしてスバルを語ることはできないことは言うまでもない。スバルは車名数がトヨタや日産、ホンダなどと比べて少ないため、どうしても「●代目××××」という表現が多くなる。しかし、レオーネ、アルシオーネなどの懐かしい名称を聞くと、独創的なメカを盛り込んだスバル車らしいクルマたちを思い出して、懐かしく思われた読者も多いことだろう。1990年代以降はレガシィ、インプレッサの2モデルがやはり印象的だったが、初代レガシィが果たした功績は偉大だった。

●常勝と挑戦の87年カローラクラウンプリウス… トヨタ/レクサス殿堂入り名車ランキング2020
●本当に日はまた昇るのか!!? ブルーバード GT-R フェアレディ… 日産殿堂入り名車ランキング2020
●100年の歴史はスポーツカーの系譜!コスモサバンナ RX-7 ロードスター…「これぞマツダ!!!」の20台を選ぶ
●ランエボギャランパジェロアウトランダー… その栄光は未だ褪せず!!! 三菱“殿堂入り”20傑
●ジムニースイフトアルトワークス …スズキの100年記から選ぶ殿堂入り名車ランキング2020
●国産メーカー最長!!! ミゼットからシャレードタント… ダイハツ113年の歴史の殿堂車たち20選

【画像ギャラリー】360はやはり原点にして絶対!!! ならば以下に続くクルマたちは? スバル“殿堂入り”20車をギャラリーでチェック!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します