サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 実際どっちがお得? 残価設定ローンと月額定額サービス「KINTO」のメリットとデメリット

ここから本文です

実際どっちがお得? 残価設定ローンと月額定額サービス「KINTO」のメリットとデメリット

■契約満了までの価値で設定されるから月々の支払が割安になる残価設定ローン

 新車に安く乗ることができる支払い方法として人気の残価設定ローンに加え、2019年の夏からはトヨタの月額定額サービス「KINTO」もスタートしました。どちらも従来のマイカーローンよりも月々の支払いが安く抑えられる点が魅力ですが、いったいどちらがお得なのでしょうか。メリットとデメリットを比較してみました。

アルファードを超える? トヨタが新型高級ミニバン「マジェスティ」発表!

 残価設定ローンは、車両価格からあらかじめ契約期間となる3年から5年後の予想下取り価格=残価を差し引いて、その残金を先に分割返済していくというローンです。そのため、ある程度の頭金があれば通常のオートローンに比べ、月々の支払額を安く抑えることが可能です。

 基本的には契約満了時にクルマを返却することが条件ですが、返却時の残価を次の新車購入の費用に充てることができるので、たとえば3年で返却する契約ならば、車検の費用負担なしで返却して別の新車に乗り換えるといったことも可能です。

「ある一定の条件」をクリアできれば、低い費用負担で同じ販売店の新車を次々に乗り換えることができるのです。

 なお、冒頭で述べた残価は、実は契約の最後に支払う形になっているので、契約満了時に再ローンを組むなどして、クルマを買い取ることもできます。

 ただし、残価設定ローンは購入価格全体に金利がかかってくるので、再ローンとなった場合はトータルでは割高になることも覚えておいてください。

 また、契約満了時に返却するクルマに対し、査定の対象となる条件がいくつかあります。

 返却時には、走行距離が月換算でおよそ1000kmを超えていないこと。そして通常走行以上のへこみや傷がないことなどが挙げられ、その基準の範囲を超えると契約満了時に超過料金が発生します。

 さらに、メーカーオプションなどの取り付けは購入時にできますが、規定以上のカスタマイズはできず、カスタムをした場合は返却時に元の状態に戻すことが必須。もちろん事故などはもってのほかです。

 そのため販売店のセールスマンは、月々の走行が1000km以上を超えることが分かっている人や、乗ってきたクルマに傷が目立つ人、運転が粗いと思われる人には残価設定ローンを勧めないそうです。

 喫煙者やペットを飼っている人も注意が必要で、車内での喫煙によるタバコの臭いや、ペットの乗車によってついた臭い、シートなどに付着した毛はクリーニングでも落ちにくく、返却時に大幅な減点や追加費用が請求されることもあります。

 実は後述するKINTOにおいても、条件として車内での喫煙やペットの乗車を規約で禁止行為として明記しています。

 つまり残価設定ローンもKINTOも、車内でタバコが欠かせない、あるいはペットと一緒にドライブしたいという人は、利用しない方が賢明です。

※ ※ ※

 2019年7月より全国展開を開始したトヨタの月額定額サービス「KINTO」。現在は、トヨタ車15車種(当初6車種。2020年1月15日からはさらに16車種追加予定)からクルマを選択でき、3年間の利用契約となる「KINTO ONE」と、レクサス車6車種から乗り換え可能な6年利用の「KINTO SELECT」がありますが、今回は一般的なKINTO ONEで検証します。

 その仕組みは、契約満了後の残価を差し引く残価設定ローンとおおむね同じですが、その支払い分に、税金、任意保険、メンテナンス等の費用が含まれているのが大きな違いです。

 定額料金のメリットは、乗り始めから3年間、毎月変わらない金額を支払うことになるのでお金の管理がしやすいこと。突然の故障や修理の費用もコミコミです。

 走行距離制限は月間1500km以内で、3年間で5万4000kmまでと、レジャー使用が主な用途であれば十分な距離です。満了時に超過していた場合は、1kmあたり10円を支払うことになっています。

 さらには、KINTOはWEBサイトからでも申し込みが可能で、全国一律のワンプライス。店頭で価格交渉をすることもなく、自宅でWEBサイトを見ながら家族と相談して決めることもできます。

 支払額に任意保険料が組み込まれていることは、個別に契約する手間やコストも不要なうえに、保険の負担額が大きい若年層にとっては、大きなメリットです。

■若年層にとってはKINTOのほうがお得!?

 トヨタのセールスマンはKINNTOについて、気になるポイントを教えてくれました。

「定額料金に含まれる任意保険は、通常、事故なく契約を続けると年度ごとに等級が上がり割引率が高くなります。しかしKINTOは、保険の等級が低い若年層も、等級が高い高齢者も月額料金に差はありません。保険の等級が反映されないので、長く乗っているドライバーには割高に感じるかもしれません。

 しかし、初めてクルマを購入する人には、大きなメリットになると思います。

 また、たとえば盗難や全損事故となった場合で、契約は中途解約にはなるものの追加料金はなく、KINTOが加入している保険ですべてまかなわれます。保険の等級もドライバーに引き継がれることはありません。

 KINTOで3年間クルマに乗っていても保険の等級は変わらないので、等級が低い方は引き続き、KINTOを契約するほうがお得かもしれません。事故に関しては保険の負担が少ないので、安全意識が低くなり、運転が粗くならないのかが心配なぐらいです」

 保険料という意味でKINTOは、初めてクルマを購入する若年層にとっては、お得な購入プランのひとつといえるでしょう。しかし、経験値の高い優良ドライバーにとっては、均一の保険料が割高に感じるかもしれません。

※ ※ ※

 残価設定ローンと月額定額サービスは、どちらもメリットは数多くありますが、それらのメリットが一方ではデメリットになることもあります。

 KINTOは頭金不要の定額料金が特徴ですが、ローンではなくリースに近いサービスなので、頭金を入れたり繰り上げ返済はできません。頭金やボーナス払いで月々の支払いを抑えたい人にとっては、コミコミとはいえそれなりに高いKINTOの定額料金をデメリットに感じるでしょう。

 また、どちらも3年の契約満了時にクルマを返却し、再契約して新たな新車に乗り換えることができるので、安全・安心な最新のクルマに乗り続けられるメリットはありますが、慣れた愛車に愛着が沸き手放したくなくなったとしても、KINTOでは継続して乗ることはできません。

 ほかにも、ネットによる簡単な契約よりも、営業マンとの値引き交渉やオプション設定などの交渉もできる残価設定ローンのほうが、交渉上手な人にとってはメリットとなるかもしれません。

 残価設定ローンとKINTO、それぞれのメリット、デメリットを考えると以下のことが挙げられます。

■残価設定ローンに向いている人

・とにかく月々の支払は抑えて新車に乗りたい

・予算よりも1ランク上の新車にどうしても乗りたい

・クルマの使用は週末のみ。遠出のドライブは年に数回

・トヨタ以外のクルマも選びたい

■月額定額サービス KINTOに向いている人

・頭金はないけどクルマがほしい

・月々の支払いは一定だと安心して支払える

・トヨタのクルマから選べるならそれでいい

・WEBサイトから手軽に申し込めるのが便利だと感じる

 なお、KINTOは2020年1月に選べる車種がさらに増え、今後まだまだサービスの内容も改善されていくことが予想されます。

 月々の支払額がネックとなりがちなKINTOですが、たとえば子どもが18歳になって免許を取得した際に家族で1台のクルマをシェアするというのも、KINTOのお得な利用方法のひとつです。

 今回は、残価設定ローンとKINTOを比較してみましたが、通常のオートローンでも金利や付帯サービスにさまざまな種類があるため、自身や家族のスタイルに合わせて新車の最適な購入方法をしっかり選びたいものです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します