サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アッシー君御用達!? バブル時代の懐かしカーアイテム5選

ここから本文です

アッシー君御用達!? バブル時代の懐かしカーアイテム5選

■クルマだけでなく、カーアイテムでも見栄を張ったバブル時代

 クルマでの送迎担当のアッシー君、食事をおごってくれるメッシー君、高価なプレゼントを貢いでくれるミツグ君、こうした単語が誕生したのが、バブル時代です。
 
 自動車の世界ではハイソカー(ハイ・ソサエティカーの略)という言葉が誕生し、当時の若者たちは、高価なクルマを所有することをステイタスとし、そのためにローンを組んでいました。

ちょいワルオヤジに乗って欲しい! シブくてナウい国産セダン3選

 バブル時代、愛車の車内をより快適にしようと、様々なカー用品が誕生しました。スマートフォンどころかガラケーもない時代、クルマは単なる移動の手段ではなく、遊ぶための道具でもあり、仲間同士で楽しむための手段でもあり、さらにデートを演出するための大切な空間として活躍してくれました。
 
 そんな時代に流行したアイテムを5つ紹介します。

●ポータブルCD

 カセットテープが静かなブームとなっている現在ですが、カセットテープからCDへと音楽記録媒体が移り変わったのも、バブル時代です。
 
 多くの人は自宅ではCDで音楽を聴き、CDからダビングしたカセットテープをクルマに持ち込んで音楽を聴いていました。クルマのダッシュパネルには、CDデッキではなく、長らくカセットデッキが採用されていたからです。
 
 そこで、車内でもCDから直接音楽を聴くことが出来るアイテムとして、ポータブルCDプレーヤーが登場しました。助手席にポータブルCDプレーヤー用のカーマウントアダプターを取り付け、純正カセットデッキにカセットテープ型のアダプターをセットして、CDを聴くというスタイルが流行りました。

●光るリアスピーカー

 昭和車の純正スピーカーは、性能的にお粗末な物が多く、当時、スピーカーを交換することがあたり前でした。なかでも人気だったのが、2ウェイ、3ウェイタイプのケンウッドやカロッツェリアのスピーカーです。
 
 リアトレイにスピーカーを載せ、ヘッドライトの点灯に合わせてロゴが点灯し、華やかに演出するスピーカーが爆発的にヒットしました。
 
 当時は、あえてスピーカーを交換していることをアピールする意味もありました。後にこうしたスピーカーは、機能も充実し、ただ光るだけでなく、ハイマウントストップライトのようにブレーキランプと連動したり、さらにはウインカーと連動するタイプも登場しました。
 
●自動車電話とNTTアンテナ

 バブル時代は、現在のような携帯電話やスマートフォンがまだ存在していませんでした。携帯電話の先がけである自動車電話や車載ショルダーフォンは、お金持ちのステイタスシンボルでした。
 
 これらは、1979年頃に本格的なサービスの運用が開始され、一部の高級車に自動車電話がオプションとして設定されていました。センターコンソールに設置され、それだけでかなりのスペースを取ってしまうほどの大きさでした。
 
 一方、車載ショルダーフォンは持ち運びが可能な肩掛け式でした。これもまた非常に大きくて重いものでしたが、当時はこれを肩に掛けて持ち歩くことが憧れでした。
 
 自動車電話や車載ショルダーフォンは、現在のスマートフォンとは違って、機器はすべてレンタルで、そのレンタルの契約には20万円という高額な保証金制度が導入されていました。
 
 また、月額3万円以上の基本料金に加え、6秒10円の通話料と、いまでは考えられないほど高額なランニングコストでした。
 
 自動車電話、車載ショルダーフォンは、ともに通話するには、アンテナをトランクリッドに取り付ける必要がありました。
 
 これは車載キットと呼ばれていましたが、見栄を張るために、トランクにダミーアンテナを取り付けることが大流行しました。

■キャラクターグッズが流行し始めたバブル時代

 当時は、車内を土足厳禁にして、自分の部屋のような感覚でクルマの内装を仕上げた時期がありました。そんな土足厳禁のクルマは、まさに移動するマイルームだったのです。

●昭和のクルマの芳香剤

 現代のクルマでは灰皿すら備わっていませんが、昭和時代には喫煙率も高く、車内には必ず灰皿が装備されていました。問題は、車内でタバコを喫煙した場合、タバコのニオイが車内に残ることでした。そこで、車内のニオイを打ち消してくれる芳香剤が必需品でした。
 
 なかでも当時の人気芳香剤といえば、コメディアンのオール阪神・巨人がCMに出演して話題になったグレイスメイトポピーです。「くるまにポピー♪」のキャッチコピーを覚えている人も多いでしょう。
 
 グレイスメイトポピーは、昭和を代表する芳香剤ですが、現在も当時と同じデザインのボトル、当時のロゴのまま販売される超ロングセラー商品です。
 
 また、たばこの吸殻のニオイを消すための芳香剤として、灰皿に直接入れる芳香ビーズも定番でした。ガソリンスタンドで灰皿にあるタバコの吸い殻を捨ててもらうとき、必ず灰皿に入れてくれたものです。このアイテムも現在でも販売されています。
 
●ストップランプ

 現在では、ハイマウント・ストップランプは当たり前の装備ですが、ハイソカー全盛のバブル時代には、まだレアな存在でした。そうした時代に流行ったのが、ウルトラマン・ストップランプです。
 
 ブレーキに連動して目が光る仕組みになっており、ウルトラマンをテレビで観て育った昭和世代の心をがっちり掴みました。
 
 また、バルタン星人のバージョンもあり、こちらはハサミがウインカーと連動して光るように左右に取り付けるタイプでした。
 
 このふたつのヒットに乗じて、同様の機能を持ったさまざまなバリエーションが生まれます。たとえば冬場には、雪だるまのぼんやり赤光るストップランプの装着率も高いものでした。

※ ※ ※

 バブル時代は、女性が男性に求めるものとして「3高(高学歴・高収入・高身長)」というものがありました。クルマだけでなく、時計やファッションなど、ステイタスシンボルとなるモノが消費された時代でした。
 
 その一方で、原宿のカルチャーも一世を風靡し、キャラクターグッズやファンシー系グッズが流行った時代でもありました。
 
 自動車電話やウルトラマンのストップランプなどは、こうした時代を象徴するカーアイテムといえるでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します