サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 載らないなら引けばいい! じつは手軽な「牽引トレーラー」という選択

ここから本文です

ヒッチメンバー装着車ならトレーラーが引っ張れる

 軽自動車の場合、荷室のスペースにどうしても限界があるため、キャンプやバーベキューに出かける際の収納場所に困ることが多くあるはず。そこで注目したいのが、車外収納だ。

「シャコアゲ」の波はスポーツカーにまで! 野生化した「コペン」は4WDでトレーラー引きまでする衝撃のカスタムだった

 車両後部のフレームにヒッチメンバーという装置を固定すれば、比較的手軽に車両の後ろにトレーラーなどをけん引することができるのだ。ヒッチメンバーは、一般的にボルトオンで取り付けできるものが多く、そこに荷物を積載できるカーゴキャリアや荷台形状になったトレーラーなどを連結して使用する。

おすすめのニュース

サイトトップへ