サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「競争性能を高める構想が勢いを保てるよう努力を続ける」F1新規則の導入後は、開発方法などを評価し改善を継続へ

ここから本文です

 F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターであるロス・ブラウンは、2022年のF1の新しいレギュレーションを提示した当初、過度に制約的な内容だと評価した各チームから不平不満が聞こえていたと語った。

 接近戦を増やし、マシン間の差を縮めるために空力を簡素化するなどの先鋭的な設計思想に基づくF1の大胆な構想が、2022年シーズンに実行に移される。

2022年型F1マシンは「必ずしも遅くなっているわけではない」とヒュルケンベルグがシミュレーター走行を振り返る

 しかし、発表された当初は、全面的に見直されたレギュレーションの内容に対して、各チームのデザイナーやエンジニアたちからかなりの失望の声が上がっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ