サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東京五輪は無観客なのになぜ?首都高の1000円上乗せは「やりすぎ」か

ここから本文です

東京五輪は無観客なのになぜ?首都高の1000円上乗せは「やりすぎ」か

 東京2020オリンピック競技大会が開催された週の7月19日(月)より、首都高速道路(首都高)では、多くの人々が移動する時間帯においてマイカーの料金が1000円上乗せとなった。また、一部の道路では五輪専用レーンも設置され、一般車通行禁止などの規制も実施されている。

 常日頃、マイカーで首都高を利用している層からすれば、「無観客で人の流れや交通量も減っているはずなのに、そんなことする必要はあるのか?」と疑問に感じるのは当然だろう。

これがわかればガソリンスタンドで困らない!? 自動車の燃料給油口が左右にある理由と見分け方!!

 そこで本稿では、これら交通規制の意味と効果について、自動車評論家にして交通ジャーナリスト、首都高に造詣が深い清水草一氏が解説する。

文/清水草一 写真/kurosuke-Stock-Adobe.com、フォッケウルフ

【画像ギャラリー】首都高の交通規制はやり過ぎではないのか?

■開会式当日の新国立周辺はゴーストタウン化!?

開会式当日、首都高では大規模な通行止めが行われた

 東京オリンピックは、連日、日本勢のメダルラッシュに沸いている。あれだけ開催反対の声が満ち満ちていたのがウソのようだ。

 が、首都圏での競技はすべて無観客。一方で厳しい交通規制は予定通り行われ、首都高でもマイカーは料金を1000円上乗せされている。さらに開会式・閉会式当日は、会場周辺の一般道や首都高の都心部で大規模な通行止めも実施される。

 私は開会式当日、新国立競技場周辺の交通規制を取材したが、青山通りをはじめとする周辺道路は、予定通り一般車通行禁止となっていた。では当日、新国立競技場にどれだけの人が入ったかと言えば、選手が6500人、その他関係者を合計して約1万人だったという。

開会式当日、通行止めによりゴーストタウン化した新国立競技場周辺

 結果、新国立競技場周辺の道路は、車道はもちろん、歩道すらゴーストタウン状態になった。開会式の雰囲気を味わおうという人々が、会場周辺で密になっていて感染リスク大! との報道もあったが、密になっていたのはほんの一角で、人数も1000人程度だったように見えた。

 新国立の隣の神宮球場が満員になれば4万人入るが、今回の開会式はそのわずか4分の1だ。神宮球場でヤクルト戦が行われる時、交通規制など皆無なのは言うまでもなく、わずか1万人を守るために、これほどの交通規制が必要なのかと思うのは当然である。

■首都高1000円上乗せでも一般道混雑は「ほぼ横這い」

交通規制開始当日の午後、甲州街道は驚くほど空いていた

 私は、東京オリンピック・パラリンピックに関する交通規制について、2年前の決定時から「過大ではないか」と書いてきた。特に首都高でのマイカー1000円上乗せはあまりにも重く、一般道へのしわ寄せが大きすぎるとの見方だった。

 その根底には、東京都の交通対策が、安全マージンを取りすぎていたことがある。まるで「選手や関係者の輸送には1分の遅れも許されない」と言わんばかりだ。しかし、クルマでの移動の場合、5分や10分の遅れなど織り込むのが当然で、なにも渋滞をゼロにする必要はないだろう。

 もともとオリ・パラでは、観客は公共交通機関でしか移動できない予定だったから、クルマで移動するのは、ほぼ大会関係者だけ。その交通量を過大に見積もっていた部分があり、新型コロナウィルスによる関係者の削減によって、やりすぎな交通規制がさらに浮き彫りになった格好だ。

 ところが、交通規制が始まった19日以降、首都高はもちろんのこと、都内一般道でも、ひどい渋滞は起きていない。これは驚くべき現象だ。私は、首都高のマイカー1000円上乗せによって、首都高の交通量は2~3割減少するものの、首都高からあふれたクルマが一般道に流れ込み、かなりの渋滞が発生すると予想していた。

 首都高は、都内の交通量の約3割を引き受けている。その交通量が2~3割減り、そっくりそのまま一般道に移れば、一般道の交通量は1割前後増える。交通量が1割増えれば、渋滞はほぼ倍増する。東京都は、全体交通量の1割削減を目指して、大手流通業者をはじめとする企業や団体に、オリ・パラ期間中の交通量削減への協力を求めていたが、それがどこまで成功するかは未知数だった。

 ところがフタを開けてみれば、一般道の渋滞も、ほぼ横ばいだったのだ! 交通規制が始まった7月19日、一般道の渋滞は13%増(警視庁)となった。特に国道246号線や20号線などの、首都高に並行する幹線道路では、朝のラッシュ時、一部で通常はありえない渋滞になった。

 が、昼近くになると、おおむね日常に復帰。私は午後、都心部を一般道で横断したが、甲州街道や青山通り、内堀通りなど、通常よりもむしろ空いていると感じた。晴海通りだけは、並行する環状2号線が通行止めになった影響で渋滞していたが、それも、特にひどくはなかった。

■交通量はスカスカだがマネジメント的には大成功!

首都高はガラガラに。そして意外なほど1000円上乗せ対象のマイカー系が多い

 一方、首都高で驚かされたのは、マイカー系比率の意外な高さだった。午後3時に代々木PAでカウントしたところ、上乗せ対象外の営業車よりも、マイカー系のほうが若干多かったのには本当に驚いた。営業車とマイカー系の比率は、通常はだいたい1:1。マイカー系への1000円上乗せによって、それが2:1程度になると予想していたのだが……。

 1000円上乗せが始まれば、上乗せが始まる区間手前の出口インターが大渋滞になるのではないかとも予想していたが、そういう現象は見られなかった。つまり、交通規制開始以降、マイカーで都内を移動する人の多くは、首都高料金1000円上乗せを覚悟のうえで、首都高を使ったと推測される。

 上乗せを嫌ったドライバーは、最初からマイカーでの移動をあきらめたのだ。都の要請に従って、営業車の交通量も減少。まさに狙い通りである。

 国交省の発表によると、交通規制開始後の首都高の交通量は、以下のように推移している。

7月19日(月)/88%
20日(火)/89%
21日(水)/96%
22日(木・祝)/78%
23日(金・祝)/68%(※開会式開催日)
24日(土)/68%
25日(日)/67%
26日(月)84%
27日(火)78%
28日(水)85%
※データは国交省によって発表されたもの

 にもかかわらず、一般道の混雑もそれほど目立たないということは、目標通り、交通総量の1割減に成功していると思われる。

日本勢のメダルラッシュが、すべての不満を吹き飛ばしている!

 晴海通りを使う豊洲市場関係者や、交通量削減のため車線規制が行われている外環道や東名などの利用者は、普段はない渋滞に巻き込まれ、迷惑しているだろう。しかし、そういう現象は今のところ一部に限られ、ほとんどの都民は、特段の不便なく、通常通りの生活を営んでいる。

 つまり、オリンピックのための交通需要マネジメントは、成功しすぎるほど成功しているのである! たしかに、今回の交通規制はやりすぎで、特に首都高はスカスカに空いている。が、それで多数の人が大迷惑をこうむっているかと言えば、それほどではない。

 状況に合わせて1000円上乗せを500円に下げてもよかったが、料金のプログラミング変更はおいそれとはできないし、やりすぎなほどの対策を打ったからこそ、大成功している面もある。その大成功は、無観客化によって虚しいものになったが、しかし、そういった不満も、日本勢のメダルラッシュで吹き飛んでしまっていることに、我ながら苦笑するしかない。

【画像ギャラリー】首都高の交通規制はやり過ぎではないのか?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します