サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【知られざるクルマ】Vol.18 ルノー9、フォード・スコーピオ、オペル・アンペラ……日本では知られざる欧州COTY受賞車たち

ここから本文です

【知られざるクルマ】Vol.18 ルノー9、フォード・スコーピオ、オペル・アンペラ……日本では知られざる欧州COTY受賞車たち

誰もが知る有名なメーカーが出していたのに、日本では知名度が低いクルマをご紹介する連載、【知られざるクルマ】。今回は「欧州カー・オブ・ザ・イヤー2021」をトヨタ・ヤリスが受賞した記念として、これまでの受賞車から「日本では知られざるクルマ」をお送りしたいと思う。でも、そればかりだと記事の内容があまりに地味になってしまうので(笑)、時代を作ったエポック・カーや、注目のモデルと合わせ、年代順にご紹介する。

ヤリス受賞に関する詳細はこちら
https://carsmeet.jp/2021/03/04/187086/

連載【桃田健史の突撃! キャンパーライフ~コンちゃんと一緒】第3回「初の長距離移動、福井への旅 往路編」

欧州カー・オブ・ザ・イヤー(以下、欧州COTY)の歴史は1964年の第1回まで遡る。以来58台にのぼるアワード・カーが生まれてきた。欧州ではたいへん栄誉ある賞だが、基本的には欧州市場で売られるクルマを対象とし、主催が欧州の主要自動車雑誌、選定を欧州の主要ジャーナリストが行うという性格上、日本では販売されていない車種がノミネート対象となることが多い。そのため、日本ではまったく走っていない、著しく台数が少ない、もしくは知名度が低いクルマが選ばれることがある。

では、早速年代を区切って、受賞車をピックアップしていこう。

【1960年代】第2回で、いきなり「知られざるクルマ」の大物が……

■1964年 ローバー 2000(P6)

かつてのローバーは、「小さなロールス・ロイス」と呼ばれるほどの高品質と、保守的な設計・堅実なスタイルを持っていた。その印象を一変させたのが、モダンな内外装、高剛性ボディなどの最新設計で1963年に登場した「ローバー 2000(P6)」だった。1968年には、アンダーパワーという評価を覆すべく、GM(ビュイック)が開発したV8エンジンを載せた「3500」を追加。のちに、2000も排気量をアップして「2200」へと発展した。

■1965年 オースチン 1800(ADO17)

「ADO17」こと「オースチン1800」は、ミニ(ADO15)と、日本でも高い人気を得ている「バンデンプラス・プリンセス」を擁した「ADO16」の上位に位置する横置きFF車で、全長約4.2mという大きめの車体を持って1964年にデビューした。日本での知名度はかなり低い。ホイールベースは2.7mほどもあり、その胴長なスタイルから「ランドクラブ(地上の蟹)」というあだ名がついた。エンジンはMGBにも積まれた「BMC・Bシリーズ」。1972年にはなんと2.2L直6を横置きした「オースチン2200」も出現した。ADO17には、オースチン・モーリス・ウーズレー版があった。

■1968年 NSU Ro 80

1967年から市販を開始した、ロータリーエンジン搭載セダン。当時、未来の内燃機関として期待されたロータリー・エンジン、大きなグラスエリアを持つ斬新なスタイル、先進のFF機構……などなどの革新性で欧州COTYを受賞するにふさわしい一台だった。しかしその後は……。詳細は、当連載のVol.3『まさに知られざる……VW最初の水冷FF車「K70」』をご覧いただきたい。
https://carsmeet.jp/2020/05/13/151079/

《1960年代、その他の受賞車》
1966 ルノー 16
1967 フィアット 124
1969 プジョー 504

【1970年代】日本に馴染みが薄いシムカ勢、大健闘?

■1976 クライスラー・シムカ 1307/1308

フランス第4のメーカーとして栄えていたシムカは、1960年代に入ってからイギリスの「ルーツ・グループ」ともども米本国のクライスラーに買収された。その中で、旧ルーツ・グループ→クライスラーUKが開発した「1307/1308」は、FF駆動、ハッチゲート付きボディという現代でも通用する設計で、1976年の欧州COTYに輝いた。これもまさに「知られざる欧州COTY受賞車」のひとつ。

シムカとクライスラーに関する複雑な経緯は、本連載『Vol.16 「ステランティス」誕生! でもかつて、プジョーはクライスラーと関係があった?』もご参照あれ。
https://carsmeet.jp/2021/02/26/150868-5/

■1978 ポルシェ 928

「ポルシェ928」は、58回にも及ぶ欧州COTYで唯一の、「スポーツカーの受賞車」。911よりも上級・高級なスポーツカーを目指して開発された。斬新なデザインのボディの前方に強力な水冷4.5LV8エンジンを積み、トランスアクスルで後輪を駆動した。1980年に4.7Lに拡大した「928S」を、1985年には5Lの「928S2」を発売するなど発展を続け、1995年まで生産された。

■1979 クライスラー・シムカ・オリゾン

クライスラーの欧州部門が、VWゴルフに対抗するべく生み出した1.5BOXハッチバック。アメリカでも「ダッジ・オムニ」などと名付けられ販売されたグローバルモデルで、欧州仕様では旧シムカ系技術によるパワートレーンを搭載。地味なクルマの受賞だが、クライスラー・ヨーロッパは、70年代に2車種もアワードカーを輩出したことになる。

なお写真は、「タルボ・オリゾン」。ブランド名が「シムカ」ではない件に関しては、説明が長くなるため、『Vol.16 「ステランティス」誕生! でもかつて、プジョーはクライスラーと関係があった?』でご確認いただきたい。
https://carsmeet.jp/2021/02/26/150868-5/

《1970年代、その他の受賞車》
1970 フィアット 128
1971 シトロエン GS
1972 フィアット 127
1973 アウディ 80
1974 メルセデス・ベンツ・Sクラス(初代)
1975 シトロエン CX
1977 ローバー 3500

【1980年代】80年代的欧州名車が百花繚乱

■1980 ランチア・デルタ

ランチアといえば、WRCで大活躍した「デルタ・インテグラーレ」が思い出される。ターボ+4WDで武装したスーパーウェポンだったが、その元となった「ノーマルのデルタ」は、VWゴルフに触発されて開発された、ごくふつうの小型ハッチバックだった。オーバーフェンダーを持たないシンプルな外観は、ジウジアーロによるデザイン哲学をより明確にする。内装には趣味の良い生地を用いており、小さな高級車とでも呼べる雰囲気を漂わせていた。

■1981 フォード・エスコート(3代目/Mk.III)

かつて別々の車種を開発・販売していたドイツと英国のフォードが、欧州ヨーロッパとして一元化すべく1969年に登場させた「エスコート」。その後1975年に2世代目に、そして1980年には3代目にフルモデルチェンジを果たしている。3代目(英国流ならMK.III)は、駆動方式をFFに転換、鋭角的なデザイン・大きな窓で一気にモダンな印象へ。アメリカでは「マーキュリー・リンクス」として売られるワールドカーへと発展した。写真は、スポーツモデルの「XR3」。

■1982 ルノー 9

ルノーには、日本でも正規で販売されたものの知名度が低い車種が多い。「9(仏語読みでヌフ)」も、そんな一台だ。「日産サニーのよう」とまで揶揄されるほど平凡だったスタイルは、9がルノーの世界中で販売するクルマという証だった。しかしいざ乗ると、優れた乗り心地、うっとりするほど座り心地が良いシート、矢のように進む直進性など、フランス車の良さがたっぷり注ぎ込まれており、欧州COTY のアワードカーという称号が伊達じゃないことを知らされる。

世界戦略車だった9は、北米でも販売された。これに関する詳細は、『Vol.7 アメリカに渡ったフランス車(1)「ル・カー」&「ルノー・アライアンス」』に記載している。
https://carsmeet.jp/2020/07/26/151079-3/

■1986 フォード・スコルピオ

これ、フォード・シエラじゃないの? 違います!……ある意味、この記事の中でも、最も主旨に近いのがこの「フォード・スコーピオ」ではあるまいか。このような「日本に正規で入っていない」「日本では、ほぼほぼ知名度がゼロ」という車種が、欧州COTYを獲得しているのは面白い。

スコーピオは、それまでの旗艦「グラナダ」を置き換えるために1985年に登場。ドイツではスコーピオ、イギリスではグラナダの名を引き継いだ。ボディデザインは、シエラや、本国フォード・トーラスとの近似性を感じさせる。

ちなみに、スコーピオは1994年に2代目となったが、その際、ご覧のような奇抜な外観に。そのため販売は低迷した。

スコーピオの前身・グラナダ、さらにその前任車「タウヌス」については、こちらにまとめているので、ぜひご覧あれ。
『Vol.12 ドイツフォードの「タウヌス伝説」……なんでもかんでも車名が「タウヌス」だったって、ほんと?』
https://carsmeet.jp/2020/12/23/151079-5-2/

■1989 フィアット・ティーポ

「フィアット・ティーポ」は、VWゴルフを仮想敵として誕生した「フィアット・リトモ」の後継モデルで、1988年にデビュー。I・DE・Aによる整ったデザインは、未だに古さを微塵も感じさせない。このティーポをベースに、アルファロメオ155、ランチア・デドラ、クーペ・フィアットなどたくさんの車種が生まれた。

私事だが、筆者は1971年生まれ。クルマには幼少から興味があったが、いざ免許が取れる18歳が近づくと、より一層、実感としてクルマへの気持ちが強くなっていった。そのため、このあたりから欧州COTY受賞車に対する「実感」が伴ってくる。

《1980年代、その他の受賞車》
1983 アウディ100(3代目)
1984 フィアット・ウーノ
1985 オペル・カデット(5代目・カデットE)
1987 オペル・オメガ
1988 プジョー 405

【1990年代】えっ、あのフィアットのレアモデル(ただし日本だけ)もアワードだったの!?

■1990 シトロエン XM

DS、CXと続いたシトロエン・フラッグシップの伝統を継いだXMは1989年のデビュー。ベルトーネが描いた鋭角的なスタイルは、実は豊かな曲面でできている。いわゆるEセグメントの高級車だが外観のメッキは最小限で、リアにハッチゲートを持っているのも「旗艦といえど実用車」というフランス車らしさを感じる。ハイドロニューマチックは電子制御化され「ハイドラクティブ」に進化。乗り心地と操縦性の両立を図った。その一方でハイテク化を目指しすぎたため「壊れるクルマ」という印象が強くなってしまったのも確かだった。

■1992 VW ゴルフ(3代目)

欧州実用車の鑑(かがみ)とでも言えるVWゴルフだが、欧州COTYを獲得したのはこの3代目(ゴルフIII)が初めて。というより、VW自体が初受賞だったというのは驚かされる。ゴルフIIIは、それまでのゴルフが誇った質実剛健さはそのままに、品質・居住性を高めていた。ゴルフIの時代にデビューし、ゴルフIIには発展せずそのまま生産を続けたカブリオレは、この世代でようやくフルモデルチェンジを果たしたほか、初のワゴンボディ「バリアント」もラインナップ。狭角2.8L V6エンジン搭載の「VR6」も設定されていた。

■1993 日産・マイクラ(2代目。日本名:マーチ)

日産を代表する小型ハッチバック「マーチ」は、欧州では「マイクラ」と呼んでいる。現在では、軽自動車にそのポジションをすっかり取られてしまったが、かつては主力車種だった。丸いスタイルが特徴の2代目(K11型)が出たのは、1992年のこと。「日本車初の欧州COTY受賞車」という栄誉を持つ。

■1996 フィアット・ブラーボ/ブラーバ

日本でも売っていたけど、地味で知名度が低い欧州車……の筆頭格が「フィアット・ブラビッシモ」ではないだろうか。前述のフィアット・ティーポの後継モデルで、正式な車名は「ブラーボ/ブラーバ」。3ドアをブラーボ(Bravo)、5ドアをブラーバ(Brava)と呼んでいた。日本では「ブラーボ」をブラビッシモと改名して販売していた。ということは、あのブラビッシモは欧州COTY受賞車というスゴいクルマだったということに……。たしかに、乗るとなかなかソツのない実用車だ。

■1998 アルファロメオ 156

実は、このクルマが欧州COTYのアワードカーだということをすっかり忘れていた(オーナーさんごめんなさい)。アルファロメオに初の栄冠をもたらした「156」は、今なお色褪せない美しい外観が特徴だ。後継の159も素晴らしいデザインを持つが、一気に車体が大きくなったこともあり、156を未だに愛してやまないオーナーは多い。走りと実用性を兼ね備えていたスポーツワゴンも大いに魅力的だ。当時、ヒット作となった理由もよくわかる。

《1990年代、その他の受賞車》
1991 ルノー・クリオ(2代目。日本名:ルーテシア)
1994 フォード・モンデオ(初代)
1995 フィアット・プント(初代)
1997 ルノー・メガーヌ/メガーヌ・セニック(初代)
1999 フォード・フォーカス(初代)

【2000年代】ミニバン初の受賞車「フォード S-MAX」……って何?

■2005 トヨタ・プリウス(2代目)

日本の「標準車」ともいえるプリウス。しかも、売れに売れた2代目が、欧州COTYというとても栄誉ある賞を獲得したクルマだと知る人は、同車のオーナーで何人いるだろう。そういう意味では、このプリウスも「日本では知られざる欧州COTY受賞車」ということになる。見る目が変わるのではないだろうか。

■2007 フォード S-MAX(初代)

メガーヌ・セニックの誕生後、欧州各メーカーでは大小様々なミニバンを用意しているが、欧州フォードは2006年に「S-MAX」という7人乗りのラージモデルを発売。ベースは同車のモンデオで、快適性・居住性と操縦安定性を高い次「日本では知られざる欧州COTY受賞車」「知られざる……」である。現在は2015年デビューの2代目に置き換わっている。

なお、「フォーカス」をベースにして開発された「フォーカス C-MAX」もあり、こちらは2006年から2年ほど、日本にも正規輸入が行われていた。

■2009 オペル・インシグニア(初代)

2009年の受賞車は、日本でも、一部のファンに絶大な?人気を誇る「オペル・インシグニア」だ。これまた「なにこれ知らないヨ!」というクルマだと思う。かつてオペルには、日本でも売れた「ベクトラ」というDセグメントセダンがあったが、インシグニアはまさにその後任車種。日本未導入だったことが惜しまれほどに美しいスタイルだ。なお、中国などでは「ビュイック・リーガル」(これも懐かしい名前)として売られていた。現在は2代目となっている。

《2000年代、その他の受賞車》
2000 トヨタ・ヤリス(初代)
2001 アルファロメオ 147
2002 プジョー 307
2003 ルノー・メガーヌ(2代目)
2004 フィアット・パンダ(2代目)
2006 ルノー・クリオ(3代目)
2008 フィアット 500

【2010年代】オペル、ここでも大健闘……でも日本ではも知られていない車種ばかり(涙)

■2012 オペル・アンペラ

この記事のカバー写真も飾ったのが、この「オペル・アンペラ」だ。実際の中身はGMのプラグインハイブリッドカー「ボルト(Volt)」で、欧州で販売するためにオペル(イギリスではボクスホール)ブランドのクルマとしたもの。149hpを発生するモーターと1.4Lエンジンを搭載。リチウムイオン・バッテリーの容量は16kWhで、最初の40~80kmほどを電気モーターだけで走行可能と謳っていた。

こちらは、本家?シボレー・ボルト。なおややこしいことに、シボレーは「ボルト(Bolt)」という電気自動車を2016年から販売している。コンセプトから外観まで、ボルト(Volt)とは一切関連がないため、注意が必要。

そして最後は、これまたオペルの登場だ。日本でも以前販売が行われていた「アストラ」の、現在の姿である。いい意味で色気のないデザインだったアストラも、今やすっかりスタイリッシュに。こちらもオペル自体が日本から撤退したあとのモデルなので、日本には入ってきていない。惜しい。

《2010年代以降、その他の受賞車》
2010 VW ポロ(5代目)
2011 日産・リーフ(初代)
2013 VW ゴルフ(7代目)
2014 プジョー 308(2代目)
2015 VWパサート(8代目)
2017 プジョー 3008(2代目)
2018 ボルボ XC40
2019 ジャガー I-PACE
2020 プジョー 208(2代目)
2021 トヨタ・ヤリス(4代目)

58台におよぶイヤーカーの顔ぶれと、過去の受賞回数を見てみると、日本でもっともメジャーといえるフォルクスワーゲンが4回、メルセデス・ベンツが1回、BMWに至ってはなんとゼロである。これは、欧州COTYが比較的小型車・実用車が受賞しがちということもあるのだが、それにしてもフィアット9回、ルノー6回、欧州フォードとプジョーが5回という内容を見ると、わたしたち日本人がなかなか知り得ない、欧州の文化・自動車社会の様子や実態が窺えて興味深い。日本では「知られざるクルマ」が、欧州ではトップアワードを獲得するのだから。

次回は、大きく内容の舵を変え、「日本で売られていた豪州車」をお送りする。どうぞご期待あれ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します