サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【GRヤリスで国産3ドアハッチ復活!!】なぜハッチバックは「5枚ドア」全盛になったのか!?

ここから本文です

 2020年1月10日、トヨタの「GRヤリス」が世界初公開。ベースである新型ヤリスは5ドアであるのに対し、GRヤリスは日本にない3ドアのスポーティなハッチバックに。かつて一般的だった3ドアはなぜ激減?

 20~30年前は、ホンダ シビックやトヨタ ヴィッツ、マツダ ファミリア、トヨタ カローラ、日産 パルサー、スズキ スイフトなど、国内各メーカーからラインナップされていた3ドアハッチバックであるが、現在は絶滅状態だ。

【東京で全店舗扱い開始】人気ミニバン ヴォクシー3兄弟の中古車事情に変化あり!!!

 現在、日本市場で販売されている国産ハッチバック車は、軒並み前2枚ドア+後2枚ドアにリアゲートドアを備える「5ドア」となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ