サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > シルバーストンを楽しみつつも、角田裕毅初日の厳しい状況を認める「でも同じような所から入賞できたこともある! 諦めない」

ここから本文です

 アルファタウリの角田裕毅は、F1イギリスGPのフリー走行2回目を16番手で終えた。チームメイトのピエール・ガスリーも18番手となっており、チーム全体として苦しんでいるように見える。

 これについて角田は、確かに初日は苦しんだことを認めつつも、2日目以降改善の改善を目指し、諦めることは決してないと語った、

■F1イギリスGPでアルファタウリは苦戦必至? ガスリー、マシンの弱点を嘆く。角田裕毅はQ2進出も厳しいと予測

 イギリスGPの初日は不安定な天候に見舞われ、FP1はウエットコンディション。そのため、ほとんど周回を重ねることができなかった。ドライとなったFP2では、各チームともやるべきことが山積。忙しいセッションとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ