サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【キンキンに冷えていてもいまのクルマには不要!?】冬は暖機運転を長めにすべきか否か

ここから本文です

【キンキンに冷えていてもいまのクルマには不要!?】冬は暖機運転を長めにすべきか否か

 暖機しなくても走れるがコンディション的には行うべき

  クルマに暖機が必要か、不要かというのは永遠の議論と言ってもいい。電気自動車が普及すれば要らなくなるかもしれないが、言えるのは機械である以上、暖機というのは必要なもの。議論上の要る要らないは、クルマを所有している間に不具合が出るかどうか、調子よく乗れるかどうかにすぎないように思える。

クルマによってタコメーターの数字が異なる! 「回るエンジン」と「回らない」エンジンの違いとは

  いわゆる旧車では、暖機しないとギクシャクして走り出すことは困難だった。しかし現在のクルマはエンジンをかければ走り出せるので、不要と言えるのは確かだ。とはいえ、いきなり全開にするのは気が引けるもの。おさらいとして現代流の暖機を紹介しておくと、エンジンをかけたらひと呼吸置いて、オイルがエンジンにまわり出すのを待つ。その後、ゆっくりと走り出して各部を動かすことで準備体操とし、水温計の針が動き出すか、警告灯が消えれば暖機は完了というのが、一連の流れだ。

 冬場は夏よりも心持ち長めの暖気がいい

  これだとエンジンが早く暖まるので、触媒の働きも早まって環境にもいい。ちなみに触媒はある程度の熱が入らないと排ガス浄化をしないので、各自動車メーカーとも、設置場所も含めていかに早く暖めるかに腐心している。

  もちろん冬場は、ATやCVTも含めてオイルは硬く、足まわりのダンパーやゴムも動きは渋いので、止まっているのも走り出してからも心もち長めがいい。とくに最初の動き出すまえに「ひと呼吸」置くときは、オイルが各部にかなり回りにくくなっているので、タコメーターを見て暖機のために回転が高めになっているところから、下がるのを目安に動き出すといいだろう。とくにクルマをあまり動かさないサンデードライバーの方は注意してほしい。

  とにかく止まったままのアイドリング状態を最小限にするのが現代流の暖機なのだが、ひとつ最近気になることがある。CVTやATはやはりある程度、停車した状態で暖機したほうが長持ちするように思えるのだ。理由は油圧を利用しているからで、いきなり走り出すと所定の油圧がかからず、内部の消耗が進んでしまう。エコ重視はいいが、消耗が早まってメンテや修理が必要になるのもある意味、エコではない。

  いずれにしても、エンジンをかけてすぐに走り出すのだけは避けてほしい。走れてしまうだけにダメージが少ないようにも思えるが、金属同士やゴムが組み合わさったものがクルマだけに、ストレスは確実にあるというのを覚えておいてほしい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します