現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > シーズン前半戦奮闘の角田裕毅、フィジカル面の課題は完全に克服「今がキャリアで最も良い状態」

ここから本文です

シーズン前半戦奮闘の角田裕毅、フィジカル面の課題は完全に克服「今がキャリアで最も良い状態」

掲載 5
シーズン前半戦奮闘の角田裕毅、フィジカル面の課題は完全に克服「今がキャリアで最も良い状態」

 アルファタウリの角田裕毅は、2023年のシーズン前半をいい形で終えたが、フィジカル的にも最高の形で3年目のF1を戦うことができているという。

 角田はマシンの競争力が厳しい中でも、素晴らしいパフォーマンスを発揮。最高成績は10位となっているものの、各レースで奮闘し3度の入賞を果たしている。

■”友人”で相棒。パフォーマンス・コーチのイタリアーノから見たF1ドライバー、角田裕毅の姿

 難しいレースを戦い切るためにはフィジカル面での充実も不可欠だが、今季からパフォーマンス・コーチとなったミハエル・イタリアーノと共にトレーニングを重ねてきたこともあって、その面でもキャリア最高の状態にあるようだ。

 イタリアーノと前任であるノエル・キャロルの違いについて訊かれた角田は、次のようにmotorsport.comに語った。

「アプローチは違うけど、ふたりとも厳しくプッシュしてくれました。ノエルの時も、彼がいなかったら自分のフィットネスレベルを向上させることはできませんでした。彼なしには、この2年間F1で成果を挙げることはできませんでした」

「ミハエルの場合は、アプローチやトレーニングの仕方が違います。彼のトレーニングは一歩、違った視点を与えてくれます」

「今季これまでのところ、自分のフィジカルレベルには満足しています。彼は間違いなくとても良い仕事をしてくれています。レース中に疲れを感じることもまったくないので、適切な方向性なんだと思います」

 イタリアーノは昨年のアブダビで角田と初めて顔を合わせたが、オフシーズンにドバイで行なわれたトレーニングキャンプまでの1ヵ月間、キャロルから引き継ぎを受けたのだという。

「アブダビから1ヵ月間、ノエルが私のために引き継ぎをしてくれた。そこでノエルは、ユウキと一緒に行なうトレーニングや、ユウキが食べるものを送ってくれた。レース週末のスケジュールや、彼のスケジュール、レースに向けたウォームアップも教えてくれた。だから私はすべてを把握していた」

 そうイタリアーノはmotorsport.comのインタビューに答えた。

「毎年、彼はオーストリアのレッドブル・アスレチック・パフォーマンス・センターに行っていた。その結果を送ってくれたので、ユウキの基準値がどのレベルにあるのかがわかった。様々なことを達成するために必要な最低ラインはこれだ、ということがわかったんだ。だから、盲目的だったわけではない。彼のことはよく知っていた。彼の弱点がどこにあるかも知っていた。だから、ドバイに向けてどうプログラムを組めばいいのかがわかっていたんだ」

 特にF1デビュー直後は、レース中に疲れを感じることもあったという角田。しかし1年目からその弱点に対し、改善を進めてきたと彼は話す。

「特に最初の年はそうでした。それは僕の限界のひとつでした。でも1年目の後半、自分のフィジカル面での準備不足を認識し始めてすぐに、それをノエルに話してトレーニングを改善してきました。すでに昨年から体力的な面ではどんどん良くなり、レースでそれほど苦労はしなくなりました」

「3年目の今年は、また違ったアプローチをとりました。例えばトレーニングキャンプでは、シーズン開幕から2週間トレーニングだけに集中しました。特に首のトレーニング方法は、ノエルとイタリアーノではまったく違っていて、今のところうまくいっています」

「ノエルと取り組んで良くなりましたし、ミハエルともこれまでのところとても良いパフォーマンスが出せています」

 イタリアーノは真摯にトレーニングに取り組む角田に、トレーニング嫌いだとは思わないとコメントしていたが、角田は好きではないとハッキリ口にした。

「まだトレーニングは好きではないけれど、F1でのパフォーマンスにとって本当に重要なことなんだと感じ始めたんです。そしてトレーニングプログラムを改善し始めるとすぐに、僕は向上することができましたし、同時にトレーニングの重要性を再確認することができました」

「だからミハエルのおかげというわけではなくて、ノエルと一緒にやってきて変わったんです。でも、ミハエルのトレーニング量はノエル以上だと思うから……」

「今がモータースポーツキャリアの中でキャリアの中でベストな状態だと思います。トレーニングは今でも好きじゃないし、器具やジムの匂いも嫌いですが、考え方が変わっただけです。トレーニングがいかに重要か分かっていますからね」

「トレーニングに力を入れなければ、レースで苦労するのは目に見えているので、本番のためにやっています」

関連タグ

こんな記事も読まれています

電動化初年度の2024年STCCカレンダー発表。6月開幕のヨーテボリ市街地“デュエル”含む全6戦に
電動化初年度の2024年STCCカレンダー発表。6月開幕のヨーテボリ市街地“デュエル”含む全6戦に
AUTOSPORT web
「艶消し塗装」がカッコいい! 全長4.1mの「小さな高級車」登場! パワフルなエンジン搭載の「新型コンパクトSUV」の反響とは
「艶消し塗装」がカッコいい! 全長4.1mの「小さな高級車」登場! パワフルなエンジン搭載の「新型コンパクトSUV」の反響とは
くるまのニュース
トヨタ・ハイラックスが電動化 2.8Lディーゼルに「ハイブリッド」 燃費と走破性向上へ
トヨタ・ハイラックスが電動化 2.8Lディーゼルに「ハイブリッド」 燃費と走破性向上へ
AUTOCAR JAPAN
イタリアのパトカーにアルファ ロメオ「トナーレ」が就任! 歴代アルファの警察車両を振り返ろう
イタリアのパトカーにアルファ ロメオ「トナーレ」が就任! 歴代アルファの警察車両を振り返ろう
Auto Messe Web
亡きクレイグ・ブリーンの財団が誕生。ヒョンデなどの協力のもと、次世代の若い才能をサポートへ
亡きクレイグ・ブリーンの財団が誕生。ヒョンデなどの協力のもと、次世代の若い才能をサポートへ
AUTOSPORT web
フェラーリF1、2025年以降もラインアップ継続か。会長がルクレール&サインツとの契約延長の意向示す
フェラーリF1、2025年以降もラインアップ継続か。会長がルクレール&サインツとの契約延長の意向示す
AUTOSPORT web
日産が新型「最小級SUV」発表! 全長4m以下でアンダー200万円! MTとATの中間「新シフト」搭載! 「マグナイトEZ-Shift」南アに登場
日産が新型「最小級SUV」発表! 全長4m以下でアンダー200万円! MTとATの中間「新シフト」搭載! 「マグナイトEZ-Shift」南アに登場
くるまのニュース
フィアット『パンダ4×4』、デビュー40周年…日本では最終モデルが登場
フィアット『パンダ4×4』、デビュー40周年…日本では最終モデルが登場
レスポンス
ただいま人気上昇中!車中泊のリアル実態調査|初心者へのおすすめグッズも紹介
ただいま人気上昇中!車中泊のリアル実態調査|初心者へのおすすめグッズも紹介
グーネット
愛車の履歴書──Vol29. 三上博史さん(前編)
愛車の履歴書──Vol29. 三上博史さん(前編)
GQ JAPAN
FIA F2王者のF1候補生、プルシェールがついに初来日! ローソンとはキャラも違う?「SFテストはできる限り楽しむよ!」
FIA F2王者のF1候補生、プルシェールがついに初来日! ローソンとはキャラも違う?「SFテストはできる限り楽しむよ!」
motorsport.com 日本版
VW随一のホットな「Rシリーズ」、その原点『R32』のカタログは意外にもクールだった
VW随一のホットな「Rシリーズ」、その原点『R32』のカタログは意外にもクールだった
レスポンス
ファーストカーでも充分OK──新型スズキ スペーシア試乗記
ファーストカーでも充分OK──新型スズキ スペーシア試乗記
GQ JAPAN
やっぱり大量発生「ノーマルタイヤで立ち往生」国も怒りの「法令違反です!」雪シーズン本格化
やっぱり大量発生「ノーマルタイヤで立ち往生」国も怒りの「法令違反です!」雪シーズン本格化
乗りものニュース
複雑奇怪なMotoGPシート争い。ジャンアントニオから一転ホンダのマリーニ獲得は正解?それとも【MotoGPコラム】
複雑奇怪なMotoGPシート争い。ジャンアントニオから一転ホンダのマリーニ獲得は正解?それとも【MotoGPコラム】
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「ランドクルーザープラド」公開! ライト2種類&“最強”330馬力仕様! 中国での披露に反響は
トヨタ新型「ランドクルーザープラド」公開! ライト2種類&“最強”330馬力仕様! 中国での披露に反響は
くるまのニュース
いよいよ決定!2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー 最終選考会をオンライン配信
いよいよ決定!2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー 最終選考会をオンライン配信
グーネット
いよいよ開始のスーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト。Juju、プルシェールら注目の新顔が続々現地入り
いよいよ開始のスーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト。Juju、プルシェールら注目の新顔が続々現地入り
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

5件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村