サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC最終戦ラリー・オーストラリア、大規模な山火事の影響により開催中止へ

ここから本文です

WRC最終戦ラリー・オーストラリア、大規模な山火事の影響により開催中止へ

WRC最終戦ラリー・オーストラリア、大規模な山火事の影響により開催中止へ

 2019年のWRC(世界ラリー選手権)最終戦ラリー・オーストラリア。しかしコース周辺で大規模な山火事が発生し、その範囲が拡大していることから、開催が危ぶまれていた。

 主催者は月曜日にコースの短縮を決めたが、その翌日の火曜日(11月12日)の朝、イベントの全面的な中止が決定された。

■WRC最終戦オーストラリア、山火事で開催中止の危機。コース短縮はほぼ確定か?

 ラリー・オーストラリア主催者からの正式な発表はまだないが、これも間も無く発表される予定だ。motorsport.com及びautosport.comでは、同ラリー関係者からFIA及びWRCプロモーターに対して、キャンセルを宣言するメールが送られたことを確認している。

 前述の通り、ラリー・オーストラリアの主催者は、イベントを開催することを目指し、月曜日に大幅に短縮されたルートの計画をまとめた。しかし火災は収束の傾向を見せず、キャンセルの決定が下されることになったようだ。

 WRCの関係者は、火曜日の午後に選択肢について議論する予定だったが、キャンセルは避けられなかったようだ。

 この決定についてはまだどのチームもコメントを発表していないが、キャンセルについては全チーム一致で承認したとみられる。

 最終戦ラリー・オーストラリアがキャンセルされたことにより、ヒュンダイが初めてマニュファクチャラーズタイトルを獲得することになった。トヨタは逆転を目指して最終戦に挑むと意気込みを語っていたが、結局それは叶わなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します