現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【買っておきたい21世紀名車】マニアの願いを叶えたビスポークモデル、アルピナB3の肖像

ここから本文です
【買っておきたい21世紀名車】マニアの願いを叶えたビスポークモデル、アルピナB3の肖像
写真を全て見る(7枚)

アルピナ・マジックのエンジン車は終焉間近!?

 内燃機関からEVへの移行はモデルだけでなく、カーメーカーさえも再編してしまうこととなった。その渦中にいたのはアルピナ。独立系カーメーカーとして長年自社製品をマーケットに送り込んできたブランドだ。BMWベースの車両を専門に開発してきたため日本ではチューナーと思われる節もあるが、そうではない。独自の技術でオリジナリティの高いクルマづくりを続けている。

【最新モデル試乗】2台のスーパーBMW、M3コンペティションとアルピナB3の似て非なるその個性。憧れの刺激世界を堪能!

 その証拠にアルピナの車両には、自分たちのエンブレムの他にBMWのマークも付いている。考えてみてほしい。これは異例中の異例である。

記事全文を読む

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【最新モデル評価】最新シビック・タイプRはFF世界最速の称号を獲得。「赤バッジ」は速いホンダの象徴である!
【最新モデル評価】最新シビック・タイプRはFF世界最速の称号を獲得。「赤バッジ」は速いホンダの象徴である!
カー・アンド・ドライバー
F・アロンソ選手の依頼から誕生したアストンマーティンの特別なV12エンジン搭載車「ヴァリアント」が登場
F・アロンソ選手の依頼から誕生したアストンマーティンの特別なV12エンジン搭載車「ヴァリアント」が登場
カー・アンド・ドライバー
【買っておきたい21世紀名車】日本が世界に誇る軽量FRオープン、マツダ・ロードスター(ND型)の肖像
【買っておきたい21世紀名車】日本が世界に誇る軽量FRオープン、マツダ・ロードスター(ND型)の肖像
カー・アンド・ドライバー
プラグインハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTスピードがワールドプレミア。日本への導入も決定
プラグインハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTスピードがワールドプレミア。日本への導入も決定
カー・アンド・ドライバー
アルピナ製BMW5シリーズ全7世代をテスト!5シリーズはアルピナブランドの心臓であり魂だ
アルピナ製BMW5シリーズ全7世代をテスト!5シリーズはアルピナブランドの心臓であり魂だ
AutoBild Japan
【魅惑のスーパースポーツ】アストンマーティン・ヴァンテージの迸る665psパワー、英国サラブレッドの野生の輝きとは!?
【魅惑のスーパースポーツ】アストンマーティン・ヴァンテージの迸る665psパワー、英国サラブレッドの野生の輝きとは!?
カー・アンド・ドライバー
三菱 ギャラン・クーペFTO 1600 GSR(昭和48/1973年2月発売・A63型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト076】
三菱 ギャラン・クーペFTO 1600 GSR(昭和48/1973年2月発売・A63型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト076】
Webモーターマガジン
BMWアルピナ B4 グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
BMWアルピナ B4 グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
「ただの“小ベンツ”」じゃ満足できない人へ! 名車「190EエボII」をモチーフにした“レストモッドモデル”「HWA EVO」の正体とは
「ただの“小ベンツ”」じゃ満足できない人へ! 名車「190EエボII」をモチーフにした“レストモッドモデル”「HWA EVO」の正体とは
VAGUE
竹岡圭 K&コンパクトカー【ヒットの真相】スズキ・スイフト「走りのよさが好評。高い安定性が安全性につながる」(2024年7月号)
竹岡圭 K&コンパクトカー【ヒットの真相】スズキ・スイフト「走りのよさが好評。高い安定性が安全性につながる」(2024年7月号)
カー・アンド・ドライバー
トヨタの最強「小さな高級車」登場! 3L直6ツインターボ&“5速MT”搭載! 羊の皮を被った“狼”な「コンパクトセダン」とは?
トヨタの最強「小さな高級車」登場! 3L直6ツインターボ&“5速MT”搭載! 羊の皮を被った“狼”な「コンパクトセダン」とは?
くるまのニュース
パワフルなエンジンとエキサイティングなテクノロジーとドライビングプレジャー「アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオ」は最後のマッチョモデルか?
パワフルなエンジンとエキサイティングなテクノロジーとドライビングプレジャー「アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオ」は最後のマッチョモデルか?
AutoBild Japan
「全長“3.7m”×4.7LV8」の爆速すぎる「コンパクトカー」! “めちゃワイドボディ”&極太マフラーの「本気(マジ)仕様」! グッドウッドを駆けた超高級「V8シグネット」とは?
「全長“3.7m”×4.7LV8」の爆速すぎる「コンパクトカー」! “めちゃワイドボディ”&極太マフラーの「本気(マジ)仕様」! グッドウッドを駆けた超高級「V8シグネット」とは?
くるまのニュース
「えっ…!?」初代インテRは新車で222万円だった!? 28年前に登場したホンダ初代「インテグラ タイプR」ってどんなクルマ? 海を渡った右ハンモデルの価値とは
「えっ…!?」初代インテRは新車で222万円だった!? 28年前に登場したホンダ初代「インテグラ タイプR」ってどんなクルマ? 海を渡った右ハンモデルの価値とは
VAGUE
【日本での欠点はボディサイズぐらい?】 ランドローバー・レンジローバーSV P510e 目下PHEV強化中
【日本での欠点はボディサイズぐらい?】 ランドローバー・レンジローバーSV P510e 目下PHEV強化中
AUTOCAR JAPAN
プレミア化する前に狙いたい!?予算400万円でゲットできる輸入車スポーツカー3選
プレミア化する前に狙いたい!?予算400万円でゲットできる輸入車スポーツカー3選
グーネット
2015年に日本から流出したフェラーリ「F40」が約5億5800万円で落札! 走行1150キロの奇跡のスペチアーレ跳ね馬でした
2015年に日本から流出したフェラーリ「F40」が約5億5800万円で落札! 走行1150キロの奇跡のスペチアーレ跳ね馬でした
Auto Messe Web
22年落ち日産「スカイライン」が約「6000万円」!? 新車価格の“約9倍”! もはや伝説級の「オシャ“グリーン”」採用した最終型「Mスぺ“Nur”」香港で落札
22年落ち日産「スカイライン」が約「6000万円」!? 新車価格の“約9倍”! もはや伝説級の「オシャ“グリーン”」採用した最終型「Mスぺ“Nur”」香港で落札
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1229.01258.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

168.01298.0万円

中古車を検索
B3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1229.01258.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

168.01298.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村