サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2シルバーストン:レース1はマゼピンが初優勝。角田は抜群のタイヤマネジメントで9番手スタートから3位表彰台!

ここから本文です
 2020年FIA F2第4戦シルバーストンのレース1が行なわれた。優勝したのはニキータ・マゼピン(ハイテック)で、F2参戦2年目で初優勝を挙げた。日本勢は角田裕毅(カーリン)が3位表彰台を獲得した。

 前日の予選では、松下信治(MPモータースポーツ)のチームメイトでルーキーのフェリペ・ドルゴビッチが初のポールポジションを獲得。その隣にはカラム・アイロット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)、2列目にはミック・シューマッハー(プレマ)、クリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)と、ランキング上位のドライバーが順当に名を連ねた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン