現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最高時速はセグメントトップクラスの330キロ! ブランド史上最強のV8ターボエンジンを搭載したアルピナ「B5GT」を発表

ここから本文です

最高時速はセグメントトップクラスの330キロ! ブランド史上最強のV8ターボエンジンを搭載したアルピナ「B5GT」を発表

掲載 5
最高時速はセグメントトップクラスの330キロ! ブランド史上最強のV8ターボエンジンを搭載したアルピナ「B5GT」を発表

 この記事をまとめると

■アルピナが限定車「B5 GT」を発表

専用色をまとった日本だけの特別なBMW アルピナ! 配色の異なる4台のB4グランクーペ ニコル別注 限定仕様を発売

■ブランド史上最強の馬力を誇るV8ターボエンジンを搭載する

■セダンとワゴンの2モデルをラインアップしているが価格などはまだ調整中だ

 歴代最強のV8エンジンを搭載!

「アルピナ」といえば、1965年にブルカルト・ボーフェンジーペンが創設した名門のチューニングメーカーだ。BMWの車両をベースに、「ラグジュアリー」と「パフォーマンス」を追求した唯一無二の車両を数多く手がけ、世に放ってきたBMWのチューニング史を語るうえで欠かせない存在だ。

 そんなアルピナが今回、限定モデルとして「B5 GT」というモデルを発表したので、その詳細をお届けしよう。なお、「5」の数字が示す通り、同車はBMW5シリーズをベースとしている。これはマスターピースを作り上げようとするアルピナの情熱を体現したモデルとのことで、独自のニュアンスをプラスした外観とアルピナ史上最強のパワーユニットを搭載したモデルになっているという。

 まず、先述の通り「史上最強のエンジン」と銘打つこのユニットだが、最高出力は634馬力を誇る4.4リッターV8ビターボエンジンを搭載するとのこと。今まで最高出力を誇っていたエンジンから+13馬力を達成できた理由に、空気の流れを最適化したエア・インテーク・ダクトとエア・インテーク・サイレンサーの変更、さらにそれに伴ってエンジン・ソフトウェアとブースト圧を変更したことが挙げられるとのこと。

 また、吹け上がりのレスポンスも見直されているほか、ZF社の8速ATもプログラムを変更してレスポンスを向上させている。ローンチコントロールも使用可能で、こちらもプログラムを変更したとのことで、怒涛の加速力を実現している。

 今回はセダンとワゴンが設定されており、BMW ALPINA B5 GT Limousine(セダン)は発進からわずか3.4秒、Touring(ワゴン)は3.6秒で0-100km/h まで加速するスペックを有する。Limousineの巡航最高速度は330km/h、Touringは322km/h に達するとのことで、この速さはセグメント随一という。

 Touringでは車高も若干下げられているそうで、トラクションの増大やロールの減少などに寄与しているとのこと。

 エキゾーストはデュアルタイプを採用し、パフォーマンスと見た目を両立させている。このエキゾーストはかなり複雑で製造が難しい逸品というほか、窒化チタンによるブラックのコーティングが施されているのも特徴だ。

 エクステリアやインテリアもB5 GTオリジナル!

 アルミホイールはアルピナ伝統のセンターキャップ付きのフィンデザインを継承。サイズは20インチで鍛造だ。ブレーキには、軽量構造のドリルド・ブレーキ・ディスクと耐熱性能の優れたブレーキ・パッドを組み合わせた高性能システムを採用。制動力とコントロール性に優れるので、軽快に走りながらも確実にマシンをコントロールできる。

ボディカラーには、お馴染みのアルピナ・ブルーとアルピナ・グリーンに加え、ぺトロール・マイカ(Petrol Mica)、ベルデ・ブリティッシュ・レーシング(Verde British Racing)、チョーク(Chalk)、イモラレッド(Imolarot)、デイトナ・バイオレット(Daytona Violet)、アークティック・レース・ブルー(Arctic RaceBlue)の6色がオプションで用意され、好みに合わせて選択可能だ。

エクステリアのそのほかの特徴としては、ボンネットに入ったキャラクター・ラインが挙げられる。これは、史上最強の634馬力を発揮するV8ビ・ターボ・エンジンのポテンシャルをイメージしたものとのこと。また、控えめなダイブ・プレーンと前部のパーシャル・フロント・スプリッターは、エアロ・ダイナミクスの向上に効果があり、見た目と性能をうまく両立している機能美にも注目。

 インテリアも、アルピナとBMWならではのプレミアム感あふれる内容となっているほか、シートにはヘッドレストの前面に、マロン・ヴォルチャーノ(Marron Volciano)のロゴ「B5 GT」の刺繍がホワイトのアウトライン付きで入っている。オプションで同モデルオリジナルのスポーツシートも限定で用意されていて、こちらは職人が手作業で仕上げる逸品とのこと。

センター・コンソールとエンジン・ルームにある特別なステンレス・スチール製のアルピナ・プロダクション・プレートには、限定モデルであるBMW ALPINA B5 GT のプロダクション・ナンバーが刻印され、所有欲を満たしてくれるのもオーナーにはうれしい演出だ。

 価格や販売時期など、そのほかの細かい詳細はまだ調整中とのこと。

 BMWの買収(商標権の譲渡)によって、2026年には現在のようなスタイルでの販売にひと区切りがつくとされているBMWアルピナ。完全オリジナルのモデルを新車で手に入れるチャンスはそう長く残されていないので、この機会に1度検討してみてはいかがだろうか。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

フェラーリ、WECタイトル争いに気合十分? ル・マンの勝利がアップデート投入のきっかけに
フェラーリ、WECタイトル争いに気合十分? ル・マンの勝利がアップデート投入のきっかけに
motorsport.com 日本版
スズキ「“黒レトロ”軽バン」実車展示!  旧車顔の「“超小型”車中泊」モデル! めちゃ「丸目」なアメリカン軽1BOXバン公開
スズキ「“黒レトロ”軽バン」実車展示! 旧車顔の「“超小型”車中泊」モデル! めちゃ「丸目」なアメリカン軽1BOXバン公開
くるまのニュース
「つくば鶏」のチキンカツに満足! 常磐道「中郷SA」で出会った銘柄鶏
「つくば鶏」のチキンカツに満足! 常磐道「中郷SA」で出会った銘柄鶏
バイクのニュース
BMWやメルセデスあるあるの「アルミモール」の「白サビ」はなぜ起こる? 業界イチの洗車マニア評論家が、誰でもできる対策方法をお教えします
BMWやメルセデスあるあるの「アルミモール」の「白サビ」はなぜ起こる? 業界イチの洗車マニア評論家が、誰でもできる対策方法をお教えします
Auto Messe Web
三菱 ギャラン・クーペFTO 1600 GSR(昭和48/1973年2月発売・A63型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト076】
三菱 ギャラン・クーペFTO 1600 GSR(昭和48/1973年2月発売・A63型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト076】
Webモーターマガジン
「AMG」よりも「マイバッハ」よりも凄いサブブランドが誕生! メルセデス・ベンツの次なる一手「ミトス」とは
「AMG」よりも「マイバッハ」よりも凄いサブブランドが誕生! メルセデス・ベンツの次なる一手「ミトス」とは
WEB CARTOP
ドゥカティ、マルティン捨てマルケス起用に母国イタリアで「猛烈賛否」とCEO認める
ドゥカティ、マルティン捨てマルケス起用に母国イタリアで「猛烈賛否」とCEO認める
motorsport.com 日本版
何カ月も乗ってないクルマで「いきなりエンジン始動」はクルマを傷める! 正しい始動の手順と長期間乗れない場合の対策とは
何カ月も乗ってないクルマで「いきなりエンジン始動」はクルマを傷める! 正しい始動の手順と長期間乗れない場合の対策とは
WEB CARTOP
道路で「静かに」の看板を見かけたのですが、具体的にどうすればいいのでしょうか? 法的に静かにする必要がありますか?
道路で「静かに」の看板を見かけたのですが、具体的にどうすればいいのでしょうか? 法的に静かにする必要がありますか?
乗りものニュース
フェラーリのアップデートは「弱点克服に役立つ」とニールセン。WEC後半戦はタイトル争いに集中
フェラーリのアップデートは「弱点克服に役立つ」とニールセン。WEC後半戦はタイトル争いに集中
AUTOSPORT web
青信号“気づかない”前車に「プーッ!」 違反になることも!? なぜ「催促クラクション」はNG? 正しい「警音器」の使い方とは
青信号“気づかない”前車に「プーッ!」 違反になることも!? なぜ「催促クラクション」はNG? 正しい「警音器」の使い方とは
くるまのニュース
レクサスIS500ってどんなクルマ? 詳しく解説!
レクサスIS500ってどんなクルマ? 詳しく解説!
WEB CARTOP
韓国で動員500万人超の大ヒット! 海女×密輸王×チンピラ×税関の命懸けの海中バトル『密輸 1970』
韓国で動員500万人超の大ヒット! 海女×密輸王×チンピラ×税関の命懸けの海中バトル『密輸 1970』
バイクのニュース
800万円超えの日産「新型5ドアスポーツカー」登場へ! 430馬力×「GT-Rの技術」搭載! 最強“フラッグシップ”「アリアNISMO」に大反響
800万円超えの日産「新型5ドアスポーツカー」登場へ! 430馬力×「GT-Rの技術」搭載! 最強“フラッグシップ”「アリアNISMO」に大反響
くるまのニュース
2択アンケート「バイクの技術力なら、ホンダ? ヤマハ?」【クルマら部 車論調査】
2択アンケート「バイクの技術力なら、ホンダ? ヤマハ?」【クルマら部 車論調査】
レスポンス
トヨタ斬新「シエンタ“車中泊仕様”」実車展示! 「オシャレなベッド」装備&“DIY”カンタン取付可能! すぐ爆睡できて超便利な「ベッドキット仕様」に熱視線!
トヨタ斬新「シエンタ“車中泊仕様”」実車展示! 「オシャレなベッド」装備&“DIY”カンタン取付可能! すぐ爆睡できて超便利な「ベッドキット仕様」に熱視線!
くるまのニュース
ボックス&フラットシートが広い! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
ボックス&フラットシートが広い! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
マン島TTレースとの出会い  公道レースの醍醐味とは? プロカメラマン磯部孝夫の写真館
マン島TTレースとの出会い 公道レースの醍醐味とは? プロカメラマン磯部孝夫の写真館
バイクのニュース

みんなのコメント

5件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1898.01939.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

345.01599.0万円

中古車を検索
B5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1898.01939.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

345.01599.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村