サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > そう! ここ傷つくんですよね。確かに便利なパタっと開いて保護するバンパーガード【東京オートサロン2020】

ここから本文です

そう! ここ傷つくんですよね。確かに便利なパタっと開いて保護するバンパーガード【東京オートサロン2020】

こんなアイテム、あるようでなかった!!
バンパーやバックドア裏の傷対策に!


spycy tune./スパイシーチューン 中ホール4 ブースNO.462

嘘でしょ!? ジムニーシエラで300馬力!!?? トラスト製ターボを投入したオフ系モンスター【東京オートサロン2020】


高品位シートカバーの名門として長く支持されているスパイシーチューンが発表した「パタパタ リアバンパーガード」は、荷物の積み降ろしや荷物の擦れで起こりえるボディ傷を未然に防ぐ、あると便利なアクティブセーフティキット。

ミニバンやKカーなど、日常使いでどうしても傷が付きやすいリアバンパーの上辺部や、バックドアの(荷室側)裏面パネルを保護するマットで、取り付けは敷くだけと超カンタンだ。

面ファスナーを使ってカーペット地の純正フロアに直接固定するシンプルな構造で、通常は荷室フロア側にマットのように敷いている状態で、荷物の積み降ろし時(つまりバックドアを開いている状態)にパタンとバンパーに垂らし利用。移動時はバックドア側に本体をもたれかけて傷を防ぐというもの。

ラインアップ構成は、種類別に2タイプ。標準の「パタパタ リアバンパーガード」は1ピース構成、上位の「パタパタ リアバンパーガードPLUS」は2ピース構成。

サイズはともに横幅80cmと同95cmがあり(奥行35cm)で、サイズ差での価格差がないのもポイント。

車種不問で使える汎用品のため、クルマを乗り換えたあとでも継続して利用できる。公式サイトに動画解説もあるので、ぜひそちらもご覧あれ。ちなみにセダンやマツダ車などの、掘り深いトランクは非対応となる。


その名の通り、荷物の積み降ろし時にパタンとタレ下げて使うバンパーガード。移動時はバックドア面に対し直角になるようにもたれかけさせることで傷を防げる。写真は「パタパタ リアバンパーガードPLUS」。■9000円(80/95cm共通)


標準の「パタパタ リアバンパーガード」は1ピース。一辺だけを面ファスナーで固定し利用する。カラーはPLUS同様、ブラック1色。縦に入るアクセントステッチが特徴だ。■5000円(80/95cm共通)

問:スパイシーチューン 078-303-0801
http://www.spycytune.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_杉山雄二]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します