サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期のF1中国GP代替レース、イモラが開催に名乗り。サンマリノGP復活の可能性も?

ここから本文です
 新型コロナウイルス蔓延の影響により、開催が延期となった今年のF1中国GP。この代替イベントの開催について手を挙げたのが、イモラ・サーキット(エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ・サーキット)だ。同サーキットはイタリア自動車連盟のアンジェロ・スティッチ・ダミアーニ会長に対し、代替グランプリを開催する可能性について申し出たという。

 イモラ・サーキットは、2006年までF1サンマリノGPを開催していた。しかし同サーキットの経営陣は、F1レースを復活させるという野望を、決して諦めていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ