サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > R32GT-Rのボディを定期検診してみた! サビやヤレと戦うために必要なこと

ここから本文です
フルリフレッシュから15万km&14年経った走行44万km超のR32

 登場から30年以上経てば、エンジンや足まわりのようにボディだって経年劣化は免れない。GT-R Magazineが所有する平成6(1994)年式のR32V-spec IIは新車時からの酷使状態が祟り、28万km時に一度バラバラにして各部の錆を取り除くなどフルリフレッシュを敢行した。施工から14年。作業を担当した『カナザワボディリペア』にて、作業後15万km超となった今の状態を定期検診したいただいた。長くいい状態を維持するために、やるべきこととチェックするべき箇所を紹介しよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン