サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【巨大水素タンクが後席に】米グリッケンハウス 燃料電池コンセプト公開 オフロードレース参戦か

ここから本文です

年内にプロトタイプ製作予定

text:Jack Warrick(ジャック・ウォリック)

【画像】実用性より耐久性【クールなピックアップトラック3選】 全84枚

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

米国のスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス社は、水素燃料電池車(FCEV)のピックアップトラックのコンセプトを発表した。航続距離600マイル(965km)を目標としている。

この「グリッケンハウス・ゼロ・エミッション・ハイドロゲン・フューエル・セル・ブート・ピックアップ」は、今年2月に同社が発表した「バハ・ブート」をベースにしたコンセプトカーだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ