サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1レースディレクター、スチュワードによる裁定の遅れを擁護「数年前は皆、詳細な説明を求めていた」

ここから本文です
 審議対象となったインシデントに関するスチュワードの裁定発表が遅いという指摘に対し、F1レースディレクターのマイケル・マシは、求められる詳細な説明を記載するには時間がかかるものだと語った。

 第20戦カタールGPでは、予選Q3での黄旗無視として審議対象となっていたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とカルロス・サインツJr.(フェラーリ)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)に対する最終的な裁定が発表されるまでに21時間を要した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン