サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ、「bZ4X」リコール ハブボルトに不具合

ここから本文です
 トヨタ自動車は23日、電気自動車(EV)「bZ4X」のハブボルトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。当面の措置として、使用者に使用停止を呼びかけた。受注と販売会社などでの試乗会も中止した。対象台数は、トヨタが生産するスバル「ソルテラ」と合わせて計204台。すべて展示車や試乗車で、個人顧客に納車した車両はない。

 急旋回や急制動の繰り返しなどでタイヤを取り付けるハブボルトが緩む可能性がある。そのままの状態で走行を続けると、最悪の場合、タイヤが脱落する可能性があるという。

おすすめのニュース

サイトトップへ