サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「熊野のマチュピチュ」とも呼ばれる城跡(三重県 赤木城跡)【雲海ドライブ&スポット Spot 57】

ここから本文です
築城の名手・藤堂高虎が手がけた赤木城跡

天空の城ブームのなか、兵庫県朝来市の竹田城跡は「日本のマチュピチュ」と呼ばれているが、こちらは「熊野のマチュピチュ」である。豊臣秀吉や徳川家康に仕え、築城の名手と謳われた藤堂高虎が1588年頃に築城したと伝えられ、石垣に囲まれた虎口や櫓台など、戦国時代の原型が良好に残されている。丸山千枚田の上を抜ける県道40号沿いにあり、春や秋などに雲海が発生することが多い。

おすすめのニュース

サイトトップへ