サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 電気自動車になった新型フィアット500に観音開きドア仕様の「3+1」が追加される

ここから本文です
FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)グループの伊フィアットは10月22日、フルEVとなった新型「500(チンクエチェント)」の新たなボディバリエーションとして、観音開きドアを採用した仕様を追加した。

カブリオレとハッチバックに次ぐ第3のボディバリエーションとして登場したのは、助手席フロントドアの後ろに反対方向へ開く小ぶりなドアを備えたセンターピラーレスの「3+1」だ。運転席側のドアは従来どおり1枚のみで、リアハッチもあわせたドア枚数がグレード名「3+1」の由来となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ