現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アバルト創立70周年を記念した限定車「695セッタンタ・アニヴェルサーリオ」が100台限定で登場! 11月15日より公式サイトで予約受付開始

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.12

アバルト創立70周年を記念した限定車「695セッタンタ・アニヴェルサーリオ」が100台限定で登場! 11月15日より公式サイトで予約受付開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FCAジャパンはこのほど、アバルトブランドの創立70周年を記念した限定車「アバルト695 70°Anniversario(セッタンタ・アニヴェルサーリオ)」を設定。11月15日よりアバルト公式サイト内専用ページで予約受付を開始する予定であることを発表した。税込車両価格は5速MTが417万円、2ペダルのMTAが434万円だ。

創始者カルロ・アバルトのクルマ作りの哲学が反映された一台

    レクサスが同社初となるEV市販モデルを広州モーターショーで世界初公開すると発表

 アバルトの創始者カルト・アバルト(1908-1979)は、パワーや最高速度、加速性能といった数値の追求だけでなく、ドライバーのハートを刺激するチューニングを探求。この限定車は、そんなカルロ・アバルトのクルマ作りの哲学が色濃く反映された一台。


 ベースモデルは「595コンペティツィオーネ」で、エンジンは180psと230(SPORTスイッチ使用時は250)Nmを発揮する1.4L直列4気筒ターボ。トランスミッションは5速MTのほか、ATモード付きシーケンシャル「MTA」を設定。


 ボディカラー「ヴェルデ・モンツァ1958」は、アバルトが手がけた初期のモデル「フィアット500エラボラツィオーネ アバルト レコルド」に由来。このモデルは1958年にモンツァサーキットで行われた速度記録で6つの世界記録を樹立。アバルトの名を一躍世界に轟かせた。


 ルーフエンドに装着される大型リヤウイングは、1970 年に登場した「フィアット・アバルト1000TCR」にインスピレーションを受けたもので、最大60度まで12段階で角度調整が可能。イタリア・トリノのオルバッサーノにあるFCAの風洞施設でテストを実施し、車速200km/hで最大42kgのダウンフォースを発揮することが確認されている。サーキットに応じてウイングの角度を変更することで、挙動の変化を楽しむことができる。


 さらに、専用ボディキットや専用17インチアルミホイール(タイヤサイズは205/40R17)、スポーツサスペンション、ブレンボ製ブレーキ、レコードモンツァ・ハイパフォーマンスエキゾーストシステムを標準装備。5速MT車にはメカニカルLSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)が搭載され、ルックスも走りも一層スポーティなものとなっている。


 この限定車は、アバルトの創立年にちなみ、世界1949台が発売される。このうち日本市場への割り当てはひとまず100台(今後追加の見込み)で、MT車の右ハンドル仕様が30台、同左ハンドル仕様が20台、MTA車が50台(右ハンドル)という内訳となっている。


 11月15日に開始される予約受付は、アバルト公式ウェブサイト内の専用ページにみにて行われる(正規ディーラーでは予約不可能)。受付開始時間は「フィアット500エラボラツィオーネ アバルト レコルド」が6つの世界記録を樹立した1958年にちなんで、19時58分から。気になる方は、公式サイト専用ページ(下記)をチェックしてみよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します