現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボディサイズ縮小で日本の道も走りやすい! ボルボの新型セダン「S60」登場

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.7

ボディサイズ縮小で日本の道も走りやすい! ボルボの新型セダン「S60」登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

衝突回避システムに対向車検知を追加

 ボルボ・カー・ジャパンは、プレミアム・ミッドサイズスポーツセダンの「S60」を8年ぶりのフルモデルチェンジ。3世代目となる新型S60は、全幅を1850mm(先代比-15mm)に抑え、日本市場に配慮したジャストサイズを実現しつつ、ダイナミックな走りと流麗なスタイリングを両立したモデルに仕上がった。

    輸入車やレクサスの車名に数字が使われている理由

 ボルボと言えばクリーンかつシャープなエクステリアや、スカンジナビアンデザインのシンプルで上質なインテリアが特徴。新型S60もその例に漏れず、北欧神話に登場するトール神が持つハンマーをモチーフとしたT字型の印象的なLEDヘッドライト、シャープなショルダーライン、スピード感を感じさせるアルファベットの“C”字型が向かいあった形状のLEDテールライトを採用する。

 ボディサイズは、全長を125mm拡大した4760mm。全高は1435mmと45mm低く下げた伸びやかなスタイル。前述のように全幅は15mm縮小した1850mmと日本の道路にもマッチしたサイズだ。

 インテリアも洗練された。上位モデルの90シリーズと同様に、マッサージ機能やベンチレーション機能といった快適装備を充実。ボルボのセダンとしては発採用となるチルトアップ&スライド電動パノラマガラスサンルーフをオプション設定した。

 安全装備では常に時代をリードする同社らしく、City Safety(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)の検知対象を、従来の前走車のみから対向車も追加。対向車との衝突が避けられない場合、衝突警告、前席左右の電動シートベルトおよびブレーキの作動を同時に実施。対向車との衝突速度を最大10km/h低下させて、衝突エネルギーを軽減させる。

 さらに万一対向車線にはみ出し、対向車の接近を検知したケースでは、ステアリングを自動で操作して自車の車線に戻すように動作。また、右折事故を軽減するため、対向の直進車との衝突の可能性が高まったときは回避ブレーキをかける、といったように、さまざまなケースを想定した衝突回避行動を自動的に行なう。

 パワーユニットは、ガソリンエンジンとPHVの2タイプを用意。電動化を見据えた取り組みの一環としてディーゼルエンジンのラインナップを持たない初モデルだ。ガソリンエンジンは、190馬力(T4)と254馬力(T5)の2リッター直4ターボ2種類を設定。PHVは、2リッター直4スーパーチャージャーとターボチャージャーで前輪を駆動し、後輪は電気モーターという組み合わせだ。エンジンはT6が253馬力、T8 Polestar Engineeredは318馬力とこちらも2種類の出力を用意している。

 なお、Polestar Engineeredには、ゴールドのブレーキキャリパーなどさまざまな専用装備を設定。シートベルトはゴールドのベルトを採用する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します