現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【比較試乗】「ポルシェ マカンS vs ジャガー FペイスSVR vs BMW X4 M40i vs アウディ SQ5 vs アルファ・ロメオ ステルヴィオ・クアドリフォリオ」韋駄天ランナーの前に現れた好敵手

ここから本文です
ニューモデル 2019.9.27

【比較試乗】「ポルシェ マカンS vs ジャガー FペイスSVR vs BMW X4 M40i vs アウディ SQ5 vs アルファ・ロメオ ステルヴィオ・クアドリフォリオ」韋駄天ランナーの前に現れた好敵手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUV全盛の昨今にあって、当然のごとく台頭してきたのがハイパフォーマンス系。先陣を切ったのはドイツ勢だったが、ここにきてジャガーやアルファ・ロメオも満を持して参戦してきた。そこで今回は、走りが自慢のミドルSUVを集めた。新型マカンを軸に各モデルのキャラクターを比較してみる。

高い実用性と走りを兼ね備えた猛者が集結

    「アウディSQ5」に高性能ディーゼル仕様が追加

どこの自動車メーカーにとっても販売を支える稼ぎ頭であり、最も競争の激しいジャンルのひとつであるSUVは、スポーツカーや高級サルーン並みにメーカーのキャラクターが出やすいジャンルということができる。

今回集まった5台も、走りに一家言を持つメーカーが送り出した猛者ばかりだが、その中でも価格、スペックともに別格なのがジャガー FペイスSVRだ。
ハイパフォーマンス専門のスペシャルビークル・オペレーションズ(SVO)が手がけたFペイスSVRは、FタイプSVRをそのままSUVにしたという表現がふさわしい。ドライブモードをダイナミックにしてアクセルを踏み込むと、5L V8スーパーチャージャーは550psのパワーと680Nmのトルクにものをいわせて猛然と加速する。その上どのような路面状況でもトルクベクタリングと、Fペイスに初採用となったリアエレクトロニックアクティブディファレンシャルの相乗効果で、がっちりとホールドしてくれるのだが、電子デバイスで徹底的に押さえつけるのではなく、AWDでありながらお尻で挙動を感じる“ホットロッド”的な味付けを残しているのが好ましい。お行儀の良い優等生ばかりの昨今のクルマたちにあってはかえって新鮮だ。
それに加えてFペイスSVRが凄いのは、ドライブモードをコンフォートにすると、本来Fペイスが持っているしなやかで滑らかな“ジャガーネス”が前面に現れることだ。この2面性、リアシートの居住性や650Lの容量を誇るラゲッジルームを含めた実用性、そして使い慣れたレザーが織りなす上質で機能的なインテリアなど、全体のレベルも非常に高い。

同じ500ps級でも、アルファ・ロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオは対照的な振る舞いをみせる。とにかくこのクルマの魅力はフェラーリのV8から2気筒分をカットしたという素性をもつ2.9L V6ツインターボに尽きる。その最高出力は510ps、最大トルクは600NmとSVRには及ばないが車重が1910kgと軽い分、走りは快活。というかV6を可能な限りフロントバルクヘッド奥まで押し込んで実現したフロントミッドシップの旨みを存分に生かしたシャシーのバランスは見事。5000rpmを超えるとクオーンと澄んだエキゾーストノートを響かせるV6と、クイックかつバランスのいいシャシーの組み合わせは、まさにスポーツカーそのものだ。
ただし全体のセットアップは3つのドライブモードのうち、最もスポーティなDモードに合わされているようで、常にクルマに急き立てられているような感じがするのも事実。今回の中では最もエモーショナルでスポーティなのは間違いないが、あらゆるシチュエーションに対応する万能選手というよりも、一芸に秀でた天才肌と言ったらわかりやすいだろうか。
ではX6でSUVの世界にいち早くクーペの概念を持ち込んだBMWのX4はどうか? 誰よりもクーペであることを強調するボディは、インテリア共々スポーティでアグレッシブなデザインとなっているが、リアシートにしっかりとヘッドクリアランスが確保されていたり、ラゲッジルームにも500Lの容量があったり、意外にも使い勝手は悪くない。




いい意味で一番期待を裏切られたのがマカンS

今回試乗したX4 M40iのウリは360psのパワーと500Nmのトルクを生み出す3L直列6気筒ターボだが、スムーズかつパワフルな直6が主張しすぎるということはない。むしろノーズに直6を収めているとは思えないほど軽やかでスポーティでありながら、快適性も全く犠牲にしていないシャシーとのバランスが見事で、街中を流してもワインディングを飛ばしても一切破綻を見せない高い完成度を誇る。さすがは長年にわたりSUVのトップランカーとして業界を引っ張ってきたBMWだけはある。そういう意味でも派手な見た目と違い、今回の中では最もコンサバティブで優等生的なキャラクターの持ち主であった。

ここまで紹介した3台と一線を画するのがアウディSQ5だ。まず目につくのがボディサイズで、全長4685mm、全幅1900mm、全高1635mmとほかよりもひと回り小さい。またエンジンは354ps/500Nmを誇る3L V6ターボを搭載しているのだが、車重1970kg(サンルーフ装着車)とX4より100kgも重いこともあって、取り立てて速いという印象もない。
ところが乗っているうちに段々と印象が変わってくる。軽めのステアリングフィール、レスポンスの良いスロットルなど操作系のセッティングもあり、運転した感覚はどれよりも軽やか。コーナーでもロールを抑えたフラットライドに徹し、乗り心地も良く、遮音も効いていてストレスフリー度では一番。「ドライバーとの対話こそが命」という方にSQ5の振る舞いはクール過ぎるかもしれないが、毎日乗るのであれば、SQ5は俄然有力な候補となるはずだ。

そして最後に紹介するのがポルシェ マカンSだが、超個性のライバルを前にして、実は個人的にはあまり期待をしていなかった。というのも、マカンのプラットフォームは先代Q5がベースで、このたびに行われたマイナーチェンジも外装の意匠変更、10.9インチのタッチスクリーンを採用したインテリアがメインで、3L  V6ターボはパワーとトルクを14ps、20Nmずつ上乗せ。あとは足回りの小改良が施された程度に過ぎないと思っていたからだ。
しかし、今回の取材において良い意味で一番期待を裏切られたのがマカンSだった。そもそもマカン自体、フラットライドでありながら乗り心地も良く、バランスのとれたモデルではあったが、マイチェンによりツルリとひと皮剥け、さらに洗練された印象なのだ。

リリースを見るとフロントアクスルにバネ下重量を1.5kg軽減するアルミ製スプリングフォーク、操縦特性をニュートラルにするためのスタビライザーのセッティング変更、さらに新しい油圧ショックアブソーバーを採用したオプションのエアサスペンションなど、シャシーの改良箇所は見えない部分で多岐にわたっているのだが、シャシーの剛性感、一体感、俊敏性、乗り心地、どれを取ってもマカンの出来は抜群。
エンジンスペックは354ps/480Nmと一番大人しいにも関わらず、7速PDKとの相性も抜群で、ヒラヒラと小気味の良い、まるでSUVのライトウェイトスポーツと呼びたくなるような気持ちのいい走りをみせてくれるのだ。
取材車はオプションのエアサスペンション、PTVプラス、スポーツクロノパッケージ、20インチホイールなどのオプションを満載し、総額1228万5000円とFペイスSVRに肩を並べる価格であったが、実力でも決して負けておらず、その価値は十分にある。




PORSCHE MACAN S
新型マカンのインテリアは、ダッシュボード中央のフルHDタッチスクリーンが7.1インチから10.9インチに拡大されている。マカンSには、新開発の3L V6ターボエンジンを搭載。センターターボレイアウトを採用し、Vバンク間に配置されたターボチャージャーは、優れたレスポンスを実現する。




【Specification】PORSCHE MACAN S
■全長×全幅×全高=4696×1923×1624mm
■ホイールベース=2807mm
■車両重量=1865kg
■エンジン種類/排気量=V6DOHC24V+ターボ/2995cc
■最高出力=354ps(260kW)/5400-6400rpm
■最大トルク=480Nm(48.9kg-m)/1360-4800rpm
■トランスミッション=7速DCT
■サスペンション(F:R)=5リンク:トラペゾイダル
■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク
■タイヤサイズ(F:R)=235/60R18:255/55R18
■車両本体価格(税込)=859万円
お問い合わせ
ポルシェジャパン 0120-846-911

JAGUAR F-PACE SVR
エクステリアはSVRエアロダイナミックパッケージが採用され、優れた走りのパフォーマンスが表現されている。インテリアでは、サイドサポートを強化したパフォーマンスフロントシートやスポーツステリアングホイールなどが特別なモデルであることを主張する。荷室容量は508-1740Lを確保。


【Specification】JAGUAR F-PACE SVR
■全長×全幅×全高=4740×1960×1670mm
■ホイールベース=2874mm
■車両重量=2070kg
■エンジン種類/排気量=V8DOHC32V+スーパーチャージャー/4999cc
■最高出力=550ps(405kW)/6000-6500rpm
■最大トルク=680Nm(69.3kg-m)/2500-5500rpm
■トランスミッション=8速AT
■サスペンション(F:R)=Wウイッシュボーン:インテグラルリンク
■ブレーキ=前後Vディスク
■タイヤサイズ(F:R)=265/45R21:295/40R21
■車両本体価格(税込)=12,720,000円
お問い合わせ
ジャガー・ランドローバー・ジャパン 0120-050-689

ALFA ROMEO STELVIO QUADRIFOGLIO
最上級モデルのクアドリフォリオは、510psを発揮する2.9L V6ツインターボと8速ATを搭載。4WDシステムは前後駆動力配分を0:100-50:50%に可変する「Q4」を採用する。インテリアには専用ステアリング、スポーツシート、カーボンパネルなど、質感だけでなく手触り感にもこだわった上質なマテリアルを使用。




【Specification】ALFA ROMEO STELVIO QUADRIFOGLIO
■全長×全幅×全高=4700×1955×1680mm
■ホイールベース=2820mm
■車両重量=1910kg
■エンジン種類/排気量=V6DOHC24V+ツインターボ/2891cc
■最高出力=510ps(375kW)/6500rpm
■最大トルク=600Nm(61.2kg-m)/2500rpm
■トランスミッション=8速AT
■サスペンション(F:R)=Wウイッシュボーン:マルチリンク
■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク
■タイヤサイズ(F:R)=255/45R20:285/40R20
■車両本体価格(税込)=11,670,000円
お問い合わせ
FCA ジャパン 0120-779-159

BMW X4 M40i
X4 M40iは360psを発生する3L直6ターボを搭載。Mスポーツ・ディファレンシャルを搭載した4WDシステムは、前後のみならず左右の駆動配分調整も行なえ、高いパフォーマンスを実現。また、アダプティブMサスペンション、バリアブルスポーツステアリングを搭載し、俊敏なハンドリング操作も可能に。




【Specification】BMW X4 M40i
■全長×全幅×全高=4760×1940×1620mm
■ホイールベース=2865mm
■車両重量=1870kg
■エンジン種類/排気量=直6DOHC24V+ターボ/2997cc
■最高出力=360ps(265kW)/5500rpm
■最大トルク=500Nm(51.0kg-m)/1520-4800rpm
■トランスミッション=8速AT
■サスペンション(F:R)=ストラット:5リンク
■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク
■タイヤサイズ(F:R)=245/40R21:275/35R21
■車両本体価格(税込)=9,800,000円
お問い合わせ
BMWジャパン 0120-269-437

AUDI SQ5
SQ5はマカンSと同じ3L V6ターボエンジンを搭載。ただし、マカンSの7速DCTとは異なり、8速ATを採用する。また、様々な路面や運転状況に対応するダンピングコントロール付スポーツサスがオン/オフロード問わず的確なパフォーマンスを発揮。専用マフラーから響き渡るサウンドも魅力のひとつだ。




【Specification】AUDI SQ5
■全長×全幅×全高=4685×1900×1635mm
■ホイールベース=2825mm
■車両重量=1930kg
■エンジン種類/排気量=V6DOHC24V+ターボ/2994cc
■最高出力=354ps(260kW)/5400-6400rpm
■最大トルク=500Nm(51.0kg-m)/1370-4500rpm
■トランスミッション=8速AT
■サスペンション(F:R)=ウイッシュボーン:ウイッシュボーン
■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク
■タイヤサイズ(F:R)=255/45R20:255/45R20
■車両本体価格(税込)=8,930,000円
お問い合わせ先
アウディジャパン 0120-598-106

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LE VOLANT CARSMEET WEB 藤原よしお)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します